2012年10月31日

京bizS[KBS京都テレビ]10月28日放送分 谷垣禎一前総裁インタビュー書き起し

京bizS[KBS京都テレビ] 
毎週金曜日21:30〜22:30 (再放送)日曜日12:30〜13:00 
http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/kyo-bizs/

10月28日 京bizS再放送にて谷垣禎一前総裁インタビューが放送されました。
京bizSは、経済情報番組だそうで、竹内弘一アナウンサーが聞き手になっています。
8MIN.(エイトミニッツ)名前の通り、8分のコーナーだそうです。
今回、京都のガッキーFC(谷垣FCとも呼ばれています。ツイッターでの応援団)会員の方が書き起しに果敢にチャレンジいたしました。
内容もわかりやすく、臨場感にあふれています。
ツイッター140文字で紹介されたものをまとめなおしたものです。
ぜひ、皆さんもお読みになってください。ところどころに萌え情報もあり、ガッキー好きさんにはたまりません。お時間のかかる書き起しを本当にありがとうございました。

-------------------------------------(書き起しここから)
KBS京都 谷垣さん出演再放送書き起こし 平成24年10月28日(日)12:30-13:30
Kyo Biz(KBS)の8MIN.のコーナー 
インタビューアナウンサー:竹内弘一

ナレ:エイトミニッツ、今夜のゲストは自民党の谷垣禎一前総裁です。「総裁選不出馬」を表明してから今回が初めての地元のTVでのインタビューということになったわけですが、いったいどんな葛藤があったのか。そして「近いうち解散」、あの30分間の野田総理との会談の内容、ちょっとだけ聞いてきました。ご覧ください。)

ナレ:拍手の中、笑顔で歩みを進めるのは、自民党の谷垣禎一前総裁です。3年間の任期を終えた谷垣前総裁の労をねぎらおうと、地元京都の府議、市議ら120人が集まりました。)

その10月21日の京都の慰労会の会場の映像。谷垣さん入場し(ちょっと道をまちがえてかわいい)、壇上で西田、二之湯参議院議員とがっちり握手。以下、慰労会での谷垣前総裁の挨拶。

「3年前、私が総裁になりました時は、もう本当に意気消沈をしているというのが、党内のこの姿だったと、あの、思います。何とか私も、もう1回自民党を、有権者の皆様の信頼をいただいて、政権担える党にしていくというのが、私の務めだと思って仕事を始めたんですが、しかし、『一体何年かかることだろうか』、という気持ちは、外にはあんまり出しませんでしたけれども、正直言って、そう思っておりました。」

ここで、慰労会の映像終わり

KBSの竹内アナウンサーに別室でのインタビューを受ける映像に切り替わる

アナ「改めまして、自民党総裁、お疲れ様でした。」
谷垣「ありがとうございます。」
アナ「あの、今ですねえ、任期を終えられてですねえ、今の心境っていうのはどんな心境で過ごされているんですか?」
谷垣「まあ、あの、総裁をやめましたら、気が楽になった面もあるんですけとね。ただ、あの今の日本の政治の状況を見ますと、いろいろな意味で停滞もありますのでね、なかなか今の民主党政権では先へ進めないのじゃないか、一刻も早く、あの、選挙をやって、新しい体制を作り直していく。その中で自民党が、やはりその責任を担っていく体制を、早くつくりたいなあと、まあ、そう思ってます。」
アナ「その、野党になって、その、自民党という政党について、ちょっとクリアに見えてきたとこ、というのもあったんじゃないかなあと思うんですけど。」

“野党では力発揮しにくい自民”のテロップ

谷垣「自民党は、あのー、なかなか野党だとですねえ(笑い)、能力が発揮しにくい政党だと思うんです。今でも、あの、京都でもそうですけどね、地方政治では圧倒的に、与党、であるところが多いわけですね。で、国政ではそうなっていない。やっぱり自民党の党員も、あの、与党の中で積極的に、その、何ていうんでしょうか、役割を果たしていくということを求めているんだろうと思いますね。だから、当然野党の総裁に、私に課せられたのは、早く政権を取り戻せるようにしようと、まあ、こういうことだったと思うのですが。あのー、それだけに、どこまでね、徹底的に暴れるのか。特に、あの、東日本大震災が起きて以来は<“震災で戦術変更”のテロップ>、単に暴れて与党に歯向って喧嘩すればいい、というわけでは、あの、なかったですから。復興や何かに関しては、これは角突き合わせても始まらない。それじゃあ野党としても責任を果たせない、ということがありましたし。そこらへんがなかなか、あのー、うまい塩梅が出来たかどうか、ということですね。

ここでSPらと歩いている映像及に続き、2010年2月の雪の京都河原町で西田議員と共に参議院二之湯さん応援演説の映像を流しながら→「このこと(法の支配)を守りぬかなければ、」と厳しい口調で話をしています。


動画16:50くらい〜
谷垣「しかし、そういう中で、最後に守らなければならないのは、日本は民主主義の国である。日本は法の支配が生きている国である。
このことを守りぬかなければ、国民の生活も、外交関係もめちゃくちゃになってしまします。私ども自由民主党は、日本に民主主義と法の支配を守るために、徹底的に戦い抜きます。」
この場面の、『このことを、守りぬかなければ、』のところが一瞬、TVで流れました。
谷垣総裁、鬼気迫る表情です。
この動画後半、名演説で、機会があれば、また書き起こしたいくらい。
小鳩体制で、衆参過半数とられ、正に、「法の支配」の危機だったんですね。まさに、日本も厳冬期でした。

ナレ:震災前と後で戦い方の変更を余儀なくされたと振り返る谷垣前総裁。地域政党などが存在感を増す地方政治の現状について、尋ねました)

“谷垣前総裁がみる地方政治の今”のテロップ。

アナ「これ、今地方政治見てみてもですね、京都府の自民党でもですね、その、離脱されて新しい動きされる方、しかもかなり、自民党でも長年された方がこう、離脱されるという動きになってますが。そのあたり、ぱっとこう地方に目を向けた時にどんなことを感じられますか。」
谷垣「そうですね、まあ、これは選挙制度やいろんなこともあるんですけれども、やっぱり今、全体的に、おっしゃったようにね、『政治が効率的に動いてない』という感じがあって。で、そのために何ていうか、強力なリーダーを求めて、えー、求めて決めてもらいたいという気持ちもある。しかし強力なリーダーというのは何かというと、やっぱり、ある意味では、悪い言い方をするとですね、ポピュリズムに走って世論から喝采を受ければ、強力なリーダーに映る、という面もある。そのあたり何が一番いいのかが、まだ、よく全体がわかってないわけですね。だからいろんな、その動きがでてくるんじゃないでしょうか、ええ。」

 <“谷垣前総裁がみる維新”のテロップ。

谷垣「まあ、今までの日本の政治見てますとね、何かブームが起こると、一回は多分、かなりの、あの、何ていうんでしょうか、力を振るうと思うんですね。ただ、私つくづく感じますのは、政治は結局、二つ、政党って、二つですね。一つは、やっぱり地域をどれだけ重視して、その、地域の声をきちっと聞き、吸い上げる力があるかということと、もう一つは人材を教育してですね、いい優秀な候補者、それから優秀な活動家を作っていくということだと思うんです。それで、あそこ(維新)も公募なんかしておられますがね、組織としてきちっと全国に組織を作って、それぞれの地域の声を吸い上げるとこに行くにはですね、とても1年や2年で出来るもんじゃあ、ありません。だから、かなり息長い、その、勝負を出来る体制にならないと、維新も1回勝つというだけでは、多分、あの、そういうふうにはならないと思いますね。だからそこのところをどのように、橋下さん以下が、工夫して行かれるか、ということでしょう。」

ここで8月8日の3党党首会談の模様の共同通信社の写真 ”消費税関連法案成立をめぐって3党党首が会談”のテロップ付
PN2012080801002634.-.-.CI0003.jpg

(共同通信社 写真)


ナレ:衆議院の解散時期を巡って、三党合意の際に、谷垣前総裁と野田総理が解散した『近いうち』。先週の党首会談も物別れに終わった今、改めて伺います。)

アナ「野田総理とお話しになって、その『近いうち解散』というのは、その時は、どれくらい近そうな雰囲気で、話されていたんですか、実際のところ?」
谷垣「まあ、野田さんはねえ、頑固な方で、今も言っておられますけど、(野田総理)『総理大臣が解散の時期を口にするようなことは、絶対にしてはいかん』と、もう、ここは非常に頑固なんですね。ただ、あの、野田さん、野田周辺からは予算編成をするというような声も聞こえてきますが、予算編成をすればやっぱりそれは、国会で審議して通さないと、ただ通っただけでは。これで政権が、仮に選挙やって交代してしまったらですね、政策が違いますから予算案も違ってくる。だから、少なくともそういう状況の中では、野田さん予算を編成されるなら、『予算を通すまで』とこう、おっしゃり出すと思うんですね。そうするとまあ、3月までいっちゃうわけですね。そうすると、そのあとすぐ参議院の選挙がありますから、衆参同時ということになってしまう恐れも多いと。(強い口調で)そうなると、今年の8月にした話ですからね、『近いうち』とはもう、いえなくなると思うんですね。だから前原さんは、あの、しきりに(笑いながら)『野田さんは約束を守る人』だとおっしゃっているようですから、是非、あの、そういう風に持っていかなきゃといけないと思いますね。」

ナレ:退任後、趣味の自転車に乗る時間が出来たと、日焼けした顔をほころばせる谷垣前総裁。地元京都への思いも新たにしています。>(ここ、満面の笑顔、ちょっと上向いて笑ってます。)

“地元・京都への思い“のテロップ

谷垣「「やっぱりあのー、ありがたいもので、私が総裁やっております3年間、いろいろ苦しいことも多かったんですが、あの、京都の皆さんに、ほんとに支えていただいてですね、まあ、おかげさまで至らないとこが多いけれども、何とか3年勤め上げることが出来たと。
 やっぱり京都も、まだ出来ていないことが多いですからね、今まではなかなか京都に帰って来る時間もなかったですけど、もう一回やっぱり、京都しっかり、あちこち歩いてですね、少しでも京都を、暮らしやすい住みやすい魅力のあるところにしていくために、私ももう一回頑張りたいと思ってます。」

以上でインタビュー終わり


日焼けした笑顔が素敵でした。
いつものように落ち着いた、少しほっとしたような、谷垣前総裁でした。
話しぶりからは、予算編成はしない、という言質は、とっていたように、私には見えましたが。
「近いうち解散」の言葉、今でも、国民は覚えていますからね。
京都への思いが、とてもありがたかったです。

                               以上

-------------------------------------(書き起しここまで)

あるごどん様、素晴らしき書き起しありがとうございました。
あるごどん(@arugodon) - Twilog http://twilog.org/arugodon
10月28日(日)の連続ツイレポが元になっています。http://twilog.org/arugodon/date-121028

皆さんもお読み頂きありがとうございます。
谷垣前総裁の様子がよく伝わってきますでしょ。
ご感想などコメントお待ちしております。書き起ししてくれたガッキーFC会員さんに、皆さんの声をお伝えいたします。どうぞよろしくお願いたします。

じみんといっしょにて
大阪の方から、金曜日と日曜日の再放送を拝見しましたとのコメントも寄せられました。有難うございました。
http://bluesketch.seesaa.net/article/299360270.html#comment

インタビュー冒頭の京都での懇親会こちらを
「谷垣禎一前総裁のご労苦を称える懇親会」10月21日 京都 まとめ
http://bluesketch.seesaa.net/article/299250798.html

おまけ
あの雪の日のことは忘れない……by昌司
「谷垣禎一・西田昌司 2月6日 京都 四条河原町にて街頭演説動画」が元ネタ
http://bluesketch.seesaa.net/article/154276717.html
posted by ぶるー at 08:54| Comment(2) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

赤鬼垣かと思いましたが!日焼けガッキーのようです。でもずっと憤怒表情でした。国会中継 谷垣総裁

野田氏の所信表明演説は本当に腹立たしいものでした。
復興をと言っても、震災から1年以上ですよ。2年目に近づいてるのにまだ先も見えません。
演説のどこをとっても寒々しいものを感じました。早く解散総選挙をと願ってやみませぬ。
あんまりなので、演説動画リンクしません。

谷垣さんも総裁職を解かれましたが、いままでずっとこの3年見てきたとおり、憤怒の表情を崩しませんでした。麻生さんともども怒っています。
憤怒の赤い顔してと思いましたが、よく考えてみるとこのところ日焼け(世田谷のご自宅から自転車通勤なさっているんだそうです)ガッキーのようです。

pa1351488179293.jpg

(クリックしたら大きくなります)
ネットでの拾い物。

谷垣さんをこの3年間を見てまいりましたが、私心で考える人ではなく、義憤で動く方です。
この怒りの表情は、私たち国民のためでもあります。
なぜ、何度も「解散」と繰り返して言ったのか、それは私たち国民の日本のためです。
総裁職を解かれたとしても、この表情からも、なんらその気持ちはかわっていないと。

解散へどうぞ後方支援、自民の皆様、頑張ってください。
posted by ぶるー at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

急遽 お知らせ!KBS京都テレビ 再放送(12:30)谷垣前総裁インタビューあり

京bizS[KBS京都テレビ] 
毎週金曜日21:30〜22:30 (再放送)日曜日12:30〜13:00 
http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/kyo-bizs/

本日、再放送の日曜日ですので、京都府近郊(もしかして大阪あたりでも?)の方は御覧になってください。ラジオかと思ってたんですが、テレビ放送なんですね。

急遽お知らせですが、京都の方はぜひ。もし拝見できた方がおられましたら、
みたよ!とコメントいれてくれたらうれしいです。よろしくお願いいたします。
posted by ぶるー at 11:31| Comment(2) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

「谷垣禎一前総裁のご労苦を称える懇親会」10月21日 京都 まとめ

懇親会のニュース記事と、参加者のブログをどうぞ。


自民党京都支部連合会
http://www.kyoto-jimin.jp/news/%E3%80%8C%E8%B0%B7%E5%9E%A3%E7%A6%8E%E4%B8%80%E5%89%8D%E7%B7%8F%E8%A3%81%E3%81%AE%E3%81%94%E5%8A%B4%E8%8B%A6%E3%82%92%E7%A7%B0%E3%81%88%E3%82%8B%E6%87%87%E8%A6%AA%E4%BC%9A%E3%80%8D%E9%96%8B%E5%82%AC/
「谷垣禎一前総裁のご労苦を称える懇親会」開催
10月21日、自民党京都府連(ニ之湯智会長)主催の「谷垣禎一前総裁のご労苦を称える懇親会」が京都市内のホテルで開催され、府内の党関係者ら約130名が参加。冒頭挨拶したニ之湯会長は谷垣前総裁のご労苦を称えるともに、各種選挙での勝利、党改革など、多くの功績に対し謝辞を述べた。

「京の皆さん、支えだった」 自民総裁3年 谷垣氏慰労の会
京都新聞 10月21日(日)21時39分配信
 野党転落から3年間にわたり自民党総裁を務めた谷垣禎一衆院議員(京都5区)の労をねぎらう党京都府連の懇親会が21日、京都市内であった。
 党所属の国会議員や地方議員ら約120人を前に、谷垣氏は「わたしを支え、ねじを巻いてくれたのは京都のみなさんだ。生涯忘れられない」と述べた一方、「政権を取り戻すまで頑張れ、との期待に応えられなかったことは申し訳ない」とも語った。
 府連会長の二之湯智参院議員は「谷垣さんは2年前の参院選で党の勢力を拡大するなどいろんな実績がある。ご労苦に敬意を表す」と話し、元党幹事長の伊吹文明衆院議員は「党が今後もうまくまとまるか心配もあり、谷垣さんには返り咲きのチャンスがある」と奮起を促した。
 谷垣氏は9月の総裁選で再選を目指したが、執行部の分裂を防ぐため、立候補を断念した。

谷垣前総裁ねぎらう 自民府連が懇親会 京都 産経
2012.10.22 02:02
 自民党が下野した後、先月まで総裁として党を率いてきた谷垣禎一衆院議員をねぎらおうと、京都市内のホテルで21日、自民府連主催の懇親会が開か れた。谷垣氏は「3年前、意気消沈していたのが党の姿だった。政権の奪還に何年かかるんだろうと思っていた」と振り返り、「精進し、党が一つになったこと で元気が出てきた。だが、政権をまだ取り戻せていないのは残念」と話した。
 懇親会には、国会議員や地方議員、OBなど約120人が参加し、谷垣氏の総裁としての3年間の苦労をねぎらった。
 谷垣氏を支えた伊吹文明元党幹事長は「野田(佳彦)首相を誠実な人物だと信じたことが谷垣氏の弱い点だった。どじょうはぬるぬるしてつかまえられない。もっとずるく厳しく立ち回れなかったのが、結果的に残念なことになった」と話した。(栗井裕美子)

自民党:「新総裁支え政権交代へ」 慰労会で谷垣氏 /京都
毎日新聞 10月22日(月)12時50分配信
 自民党の谷垣禎一前総裁を慰労する会合が21日、京都市内のホテルで開かれ、党府連所属の国会議員や地方議員ら約120人が参加した。谷垣氏は次期衆院 選に触れ「(自民党が)第一党になる可能性は非常に高いところまで来ている。安倍新総裁を支えながら一兵卒として政権交代への道を切り開いていきたい」と 話した。
 また「党への信頼回復を課題として取り組んできた。政権交代まで頑張れという声に応えられなかったのは申し訳ない」とこれまでの支援に対し、謝辞を述べた。
 府連会長の二之湯智参院議員は「より開かれた自民党のため力を尽くされ、参院選や統一地方選で勝利を収めた」と功績を称えた。伊吹文明元幹事長は「総裁 選不出馬という残念な結果になったのは(谷垣氏が)相手(野田首相)を誠実だと思い込んだから。それを教訓にして返り咲くチャンスはもう一度あるのでは」 と激励した。【林哲平】
----------------------------------------(抜粋引用ここまで)

谷垣前総裁発言抜粋
「京都の自民党が国政で再生する為、尽力したい。」京都での党勢拡大に取り組む決意
「わたしを支え、ねじを巻いてくれたのは京都のみなさんだ。生涯忘れられない」
「政権を取り戻すまで頑張れ、との期待に応えられなかったことは申し訳ない」
「3年前、意気消沈していたのが党の姿だった。政権の奪還に何年かかるんだろうと思っていた」
「精進し、党が一つになったこと で元気が出てきた。だが、政権をまだ取り戻せていないのは残念」
「(自民党が)第一党になる可能性は非常に高いところまで来ている。安倍新総裁を支えながら一兵卒として政権交代への道を切り開いていきたい」
「党への信頼回復を課題として取り組んできた。政権交代まで頑張れという声に応えられなかったのは申し訳ない」

府連会長 二之湯智参院議員発言抜粋
「谷垣さんは2年前の参院選で党の勢力を拡大するなどいろんな実績がある。ご労苦に敬意を表す」
「より開かれた自民党のため力を尽くされ、参院選や統一地方選で勝利を収めた」

元党幹事長 伊吹文明衆院議員発言抜粋
「党が今後もうまくまとまるか心配もあり、谷垣さんには返り咲きのチャンスがある」
「野田(佳彦)首相を誠実な人物だと信じたことが谷垣氏の弱い点だった。どじょうはぬるぬるしてつかまえられない。もっとずるく厳しく立ち回れなかったのが、結果的に残念なことになった」
「総裁 選不出馬という残念な結果になったのは(谷垣氏が)相手(野田首相)を誠実だと思い込んだから。それを教訓にして返り咲くチャンスはもう一度あるのでは」

-------------------------------
「谷垣禎一前総裁のご労苦を称える懇親会」参加者のブログ

宮崎けんすけ 自民党衆議院支部長(京都三区)のブログ
11月22日【例】土日のスケジュール

http://d.hatena.ne.jp/kensukemiyazaki/20121022/1350898893
京都三区支部長さん、子供神輿や運動会と地元行事目白押しです!)
3年前の政権交代で下野した自民党を総裁として党の綱領を改定し我々のビジョンを明確に示し、統一地方選挙を始めとする多くの選挙でも勝利へと導き、今日まで自民党を支え、立て直してこられたのは谷垣先生でした。厳しい状況で火中の栗を拾っていただき、ご苦労を重ねてこられた谷垣総裁には心から敬意を表します。本当にお疲れ様でございました。これからは京都の6選挙区全員が当選に向けて一致結束し、私も京都三区の議席の奪還に向けて頑張って参ります。

谷垣禎一 衆議院議員と懇親会☆|田中セツ子 ブログ
http://ameblo.jp/tanakasetsuko/entry-11386584989.html
元京都市議で20年務めあげた方だそう!いつも明るいブログです。懇親会では京都府連女性局局長として挨拶、谷垣さんへの記念品贈呈などされたそうです。西田議員のカラオケもって!おお)
谷垣禎一サンとは、もう20年以上のお付き合いです
苦楽を共にしてきた同志ですのでいつも意気投合します
今回も話しすぎました(笑
(谷垣さんと田中セツ子さん写真、お二人ともいい顔しています)どうですか!?
本当にほっこりした顔でお元気でしょ
どうもお疲れ様でした
これからもお願いします

谷垣禎一 前総裁と | うもとのひとりごと|うもと和久オフィシャルブログ
http://blog.umoto-k.com/?eid=571
京都府議の方です→プロフィール ブログに懇親会ツーショット写真のってますが、谷垣さん177cmで背は高いほうなのですが、このうもとさん!186cm84kgという大型府議さんですw)
その後 京都にて 谷垣前総裁の懇親会が行われました
21年 10月1日 に総裁に就任されてからの ご苦労を
称える会でした
多くの方々が 集まり なごやかにおこなわれました
写真は その時の様子です
本当に谷垣前総裁の穏やかで 誠実な人柄を感じます
本当に ご苦労さまでした

谷垣禎一前総裁のご労苦を称える懇親会|安藤ひろしのブログ
http://ameblo.jp/andou-hiroshi/entry-11385557237.html
京都府第6区選挙区支部長さんです。現実的保守観を持った方で、京都は地元じゃないそうですが頑張れております。安藤ひろしさんの名前覚えておいてくださいね)
皆様ご存じのとおり、谷垣前自民党総裁は、9月に行われた自民党総裁選挙に出馬せず、総裁の座を退かれました。いろいろな思いがあっただろうと推察いたします。自民党京都府連では、野党に転落した自民党を立て直すために尽力された谷垣前総裁をねぎらうために、このような会を催しました。
谷垣先生もお元気そうで、つぎの選挙に向けての意気込みを語られていました。
今後ともご指導いただきますように、お願い申し上げます。

---------------------------(抜粋引用ここまで)
リンク先に写真もありますのでぜひ、皆様のブログでお読みください。
谷垣さんの表情は、総裁のときよりも柔らかくなられているようにも思えます。
次の選挙への意気込みがまた嬉しいです。現役の一兵卒さん!頑張っガッキー

ラベル:谷垣禎一
posted by ぶるー at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

めざせ!学園祭の王子様☆ 谷垣禎一 前総裁

学園祭☆情報 【谷垣禎一前総裁】
11月1日(木) 明治学院大学 白金キャンパス
講演内容「社会保障を考える」〜消費税増税・三党合意の裏側〜 
【お知らせ・訂正版】11/1(木) 17〜18時 明治学院大学白金キャンパス(引用)
1時間遅れることとなりました。

https://twitter.com/suguru_pu_ta/status/260216071376748544/photo/1
アクセス→http://www.meijigakuin.ac.jp/access/

11月3日(土) 学習院大学 
https://twitter.com/Kannamaro/status/260226424261185536 
アクセス→http://www.gakushuin.ac.jp/univ/etc/access.html

詳しくは、リンク先を御覧下さい。
せっかくなので、皆さん学園祭も楽しんでくださいね。
私も高校生の頃、地元の医大の学園祭へ行くのが楽しみでした。
わいわい感がたまらなく。市内の高校の学祭も、お友達と遊びにいきました。
谷垣ファンの首都圏近郊の皆さん、お時間がありましたら、是非!足を延ばしてくださいまし。
ラベル:谷垣禎一
posted by ぶるー at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

日大文理講師に☆谷垣禎一さんあらわるツイッター祭り

10月16日(火)なんと!日本大学キャンパスで、文理講義「国際情勢」講師で、谷垣禎一前総裁がやってまいりました。と、様子や画像は(2CH 谷垣スレッド)ツイッターの盛り上がりぶりが伝わってきます。
ttp://anago.2ch.net/test/read.cgi/asia/1348763354/541-542 でまとめた方が!さすがすごい。
皆さんも是非、コピペして前頭に(h)つけてみてくださいね。

学生さんたちの様子からは、谷垣さん登場を好意的に受け止められたようですが、質問等はやはりマスコミ意見のままなのが多かったようです。ただ、お一人、質問内容は詳しくはわかりませんがよい質問された学生が。

にしても、天皇陛下を単なる象徴(この言葉に抱く印象は恣意的なものだが)――それを越えた絶対なもの(直接にそう言ったわけではない)と捉えているのには好感が持てた。質問して良かった。 (引用)

その学生さんと少しですが、ツイで遣り取りさせてもらいました。政治について新しいイメージを持たれたようです。

政治家の仕事は、政治を考えるというより、政治を行うということに重点をおいているらしい。政治を考察するに於いては、学者のほうが立派な意見を持っている場合も多々あるらしく、それをどのように行うか、円滑に進めるかを考えるのが政治家の仕事だと、谷垣さんは言ってました。 (引用)

プロフェッショナルというより、政治家はマネージメントが仕事なのかも。
よく谷垣さんが、「プロセス」が大事というのも通じるものだと思いました。

され、日大文理講師に☆谷垣あらわるツイッター祭りは、ちょうど生で拝見し、ガッキーファンフィーバーになってました。わくわく楽しい。また、講師としていろんな大学に神出鬼没してくれないかなww

谷垣さんを呼んだのは、青木一能 (あおき かずよし)先生。プロフィールはこちら。
http://www.aoki-kazuyoshi.jpn.org/profile.html
2003年4月から日本大学文理学部教授として「国際情勢」、「政治学」、「地域研究(アフリカ及び中東)」などを担当、現在に至る。専門領域は国際関係論、現代アフリカ政治論。学位は博士(国際関係)。そのほかに広く日本の内外政策分析、国際政治・経済変動の分析などを手がけ、これまでにテレビ・ラジオなどのメディアで評論・解説活動を行い、真摯かつ硬派な分析家として評価を得ている。(引用)
ラベル:谷垣禎一
posted by ぶるー at 11:01| Comment(2) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

未然に災害を減災する「事前防災」へ 自民党の『国土強靭化基本法案・南海トラフ巨大地震対策特別措置法案』

谷垣総裁時代、自民党より平成24年6月に『国土強靭化基本法案・南海トラフ巨大地震対策特別措置法案』政策がでています。憲法改正と並び、次の衆議院選挙で戦う柱の一つです。

自民党コラム 大規模災害への戦略的対応を推進
http://www.jimin.jp/activity/colum/117116.html
日本人の暮らし方も視野・多極分散型・複数国土軸を形成・インフラ投資でデフレ脱却 と見出しを書き出してみました。自民党の基本政策のなかにも、http://www.jimin.jp/policy/basic_policy/ 事前防災の必要性を訴えております。
平成24年6月1日 国土強靭化基本法案 政策ページはこちら。PDFリンクあり
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/117114.html
国土強靭化基本法案 概要
〜長期にわたって持続可能な国家機能・日本社会の構築を図るために〜
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-118.pdf
概要は1枚ものなので、ぜひ一度内容をご確認ください。

事前防災は、『人の命を守る』が第一義であります。
都市部の自民党では反対している議員がいますが、大規模災害発生時の情報交換確保(多様な通信手段確保、行政機関の業務継続用情報システム整備)や、強靭な社会基盤の整備(建築物耐震化、密集市街地対策、国会機能代替性確保)ほか、都市部バックアップ都市部そのものの強靭化の必要性を概要からも読み取れます。インフラ(公共)投資は、経済の牽引にもなっていきます。

国土強靭化の必要性は、東日本大震災を目の当たりにして、多くの国民の皆さんも肌でわかっているかと思います。

災害が起こってからの「事後防災」から、未然に災害を減災する「事前防災」へ

南海トラフ地震(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120829-OYT1T01028.htm?from=tw
32万人の死者数は、在宅者の多い冬の深夜(東海地方の被害が大きいケース)に発生した場合の指数です。在宅者の少ない夏の正午(四国・九州で被害が大きい地震が起きた場合)には3万2000人。
発生時には大きな被害が予想されます。

南海トラフ地震へたいする対策も谷垣自民では出しています。
平成24年6月21日 南海トラフ巨大地震対策特別措置法案 PDFリンクあり
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/117398.html
南海トラフ巨大地震対策特別措置法案 概要 PDF
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-127.pdf
こちらも1枚ものなので、ご確認を。
目的は、「南海トラフ巨大地震による災害から国民の生命、身体及び財産を保護するため、緊急対策区域の指定、自身観測体制の整備、各種計画の政策及び計画に係る特別措置等について定めることにより、既存の地震防災対策に関する法律と相まって、南海トラフ巨大地震に係る地震防災対策の推進を図る」です。

日本は災害の多い国でもあり、自民党が出した「事前防災」への舵取りは正しいことだと思います。
約2万人もの死者行方不明者の震災犠牲者のことを思うと、少しでも多くの命を守ってほしいとやはり願ってやみませぬ。

谷垣総裁、自民党時代(平成24年4月)出された憲法改正草案ですが、新設された項目に「緊急事態条項」というのがあります。大震災や大規模災害・有事の事態を想定されたものです。
(第9章 緊急事態)
・外部からの武力攻撃、地震等による大規模な自然災害などの法律で定める緊急事態において、内閣総理大臣が緊急事態を宣言し、これに伴う措置を行えることを規定。(引用)
「憲法改正草案」を発表 | コラム |
http://www.jimin.jp/activity/colum/116667.html

多くの人の命を守ってほしい。だからこその「事前防災」の意味を、「国土強靭化」の必要性を考えてほしいです。

谷垣自民の3年間では、こういう政策を地道に重ねる3年間でもありました。


posted by ぶるー at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 谷垣自民、3年の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

愛知県 蒲郡市(がまごおりし)市議団 議員会館へ 谷垣さんと面談 10月4日

いつも総裁室の谷垣さんのイメージだったので、議員会館での様子は新鮮です。

竹内しげやす 市政チャレンジ日記
自民党前総裁 谷垣禎一衆議院議員
http://blog.goo.ne.jp/shigeyasu_2011/e/7f372aa80a6064270502dc6cd01a615e
自民党前総裁 谷垣禎一 先生へ提言書を手渡す。
自民党総裁として3年間本当にお疲れ様でした。蒲郡に関わる問題点や、設楽ダムのことなど、少しの時間でしたが、お会いできて光栄でした。

谷垣禎一自民党前総裁、面談 - 蒲郡市議会議員 伴かつふみ(伴捷文)
活動日記 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/katsukatsub/38500138.html
蒲郡の町の様子など雑談 人柄のよい方でした

竹内しげやすさんとこでも画像あり!
最後に、東先生が熱く語っていた孔子の教えを紹介して終わりたいと思います。
『民信無くば立たず』
《「論語」顔淵から》社会は政治への信頼なくして成り立つものではない。孔子が、政治をおこなう上で大切なものとして軍備・食生活・民衆の信頼の三つを挙げ、中でも重要なのが信頼であると説いたことから。民信無くんば立たず。(引用)
>>信無くば立たず。は、谷垣さんが総裁のときに何度も繰り返した言葉です。竹内さんの思いがうっすらみえてくるようにも思えます。市議団の皆さんが上京してお仕事ぶりも伝わってくるのでぜひご一読を。

伴かつふみさんのとこでは議員会館での集合写真です。っと、後ろに若き谷垣さんの(たぶん、当選1、2回の頃の大きいポスタータペストリーが!)クリックで大きい写真でますので皆さんご確認をw

新しい議員会館の地元の今津寛代議士の部屋に、一度おじゃましたことがあるんですが、天井も高く本当に綺麗なところです。居心地がよく、部屋から国会議事堂がみえました。
本当にいろんなお客様がいらっしゃっています。市議さんや議員さんのお仕事の一端もどうぞご確認ください。


(+追加)議員会館での谷垣さんの部屋にある大きいテーブルにある、「ゆるキャラ」ぬいぐるみ
京都府広報監まゆまろ ですww
http://www.yurugp.jp/entry_detail.php?id=133 
絹の原料である繭をモチーフにした男の子で、推定年齢は二千歳!
まんまるおめめがチャームポイントで、すてきな着物を着ています。
特技は、この大きな繭で皆さんの夢を育むことです。 (だぞうです引用w)
まゆまろのページ(京都府ホームページ)
http://www.pref.kyoto.jp/mayumaro/index.html

posted by ぶるー at 12:47| Comment(2) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

10月10日(水)谷垣勉強会 始動!

メンバー表はこちらを確認w 
谷垣チーム☆勉強会 毎週水曜日! 楽しみです。わーい!
(チーム追加 2名判明!)今村雅弘議員、三ツ矢憲生議員
http://bluesketch.seesaa.net/article/296479749.html
「自民・谷垣前総裁、新たな勉強会を発足」動画あり。
http://news.tbs.co.jp/20121010/newseye/tbs_newseye5153432.html
谷垣禎一(さだかず)公式サイト谷垣日記 勉強会挨拶アップしています。
http://tanigaki-s.net/diary/index.php

日本総合研究所理事長 高橋進氏(講師)
http://www.jri.co.jp/ 日本総研 名前を聞いたことあります。
おお!必見なのがありました。
東日本大震災 日本の復興・再生に向けて(日本総研)
このたびの東日本大震災により被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。被災された皆様の安全と一日も早い復興をお祈りいたします。
日本総研では「複合大災害」としての東日本大震災の多面的影響の今後の推移や、震災後の日本の復興・再生のあり方について、本サイト上で順次情報発信を行っていく予定です。
http://www.jri.co.jp/page.jsp?id=19479 
高橋進氏のコラムもありますので、ぜひ。
谷垣さんの日記によりますと、『以前から高橋先生のお話は様々な場面で伺っていたのですが、財務大臣在任時に内閣府の政策統括官としていろいろ経済分析などを教えていただきながら、仕事をした思い出があります。(引用)』とのこと、おお!と唸ってしまいました。噂の日銀砲のときのか。

IMF・世界銀行の総会
公式サイト 赤いwがポップなサイトになってます。
http://www.imf-wb.2012tokyo.mof.go.jp/jp/index.html
『今日から東京ではIMF・世界銀行の総会も始まっていますが、世界経済の情勢も大変厳しいものがあると思います。そのような中で私も幅広く勉強をしていかなければならないのですが、高橋先生から今の経済の見方を教えていただくのは極めて意義があるのではないかと思っています。(引用)』
中国が参加しないのはどうかと思います。な、世界銀行総会です!

幅広くには、なるほどと思いました。

tani.jpg


福沢諭吉は戊辰の戦役の時に上野の山で戦いが行われている最中でも学問を続けていたということを聞いていますので、その心を以て、野党としても立派な仕事を果たして政権を奪還していくために、この勉強会を進めていけたらと思っています。(引用)』
日本の未来のためにそんな思いなのかもと感じました。
この3年間の谷垣自民は、まさに、「野党として立派な仕事(法案提言を出し、近いところではほぼ全ての震災法案提言は自民党(公明ふくむ)のもの)を果たして政権を奪還していくために」を続けた3年でした。
その精神を変わらず持ち続けてることに感謝です。

aisaa.jpg


逢沢さんの『行動すべきときは共に行動していこう』は、シンプルに受け取っています。共に頑張ろう。マスコミは派閥といいますが、もっと広く勉強会、政策集団、新しい自民の形に育ってく。そんな谷垣勉強会に。逢沢さんの言い回しでの、『みんなでやろうぜ』なのかも!

楽しみです。

遠藤利明 FB(フェイスブック)より いっぱい写真アップしてます。
谷垣グループ政策勉強会 が基本の名前になるのかな。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.422505144479630.103485.403106526419492&type=1

毎週水曜日お楽しみに!皆さんも変わらず、谷垣自民応援よろしくお願いします。
posted by ぶるー at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 谷垣グループ【有隣会】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

谷垣チーム☆勉強会 毎週水曜日! 楽しみです。わーい!(チーム追加 2名判明!)今村雅弘議員、三ツ矢憲生議員

毎週水曜日w谷垣勉強会のはじまりですよー!
総勢15名だそうですが、分っているのは13名で、ほか2名がまだシークレットのようです。誰だろう。明日、分るのかしら。ふふふ。(判明次第追加します!)

衆議院議員、小里(おざと)泰弘さんのブログ記事で、『不思議なグループです。上から押さえつけることなく、言わず語らず、みんなが互いに強い絆と使命感で結ばれています。(引用ここまで)』だそうで、みんな車座になって語り合う、桂浜にてござを引いての谷垣総裁の全国行脚が始まった2009年に高知の行かれたときの映像を思い出しました。


谷垣チームはまるで、孔子のまわりに集まるお弟子さんたちにも思えます。
孔子の残した言葉たちは(編纂はお弟子さんたち)谷垣さんに符号することが多く、実際、谷垣さんも中国古典に精通した方で(日本の歴史などもいろいろ)行動にもその精神が宿っています。そんな孔子ガッキーのそばで育っていくだろう議員の皆さんの未来にも思いを馳せてしまいます。

まずは15人のチームですが、解散をもぎ取り、総選挙後、落選議員や新人議員たちもきっと増えて自民党の大きなうねりになるのではと今、思えます。
総裁選のなかで、自民党の負の部分もずいぶん見えました。谷垣さんファンにとって、苦しい日々ではありましたが、谷垣さんが総裁選で引いたことによって、開かれた道がやっと見えるようになりました。

これからの10年、自民党はきっともっとよい政党へと日々少しずつ新しくなっていくのだろうと思います。

syosin.jpg
最初に政策研究会の話しを聞いてすぐに書いたものwまだ勉強会って名前出てなかった頃。


谷垣☆チーム紹介w


谷垣禎一(さだかず)公式サイト 京都府第五区(顧問)

http://tanigaki-s.net/

衆議院議員 川崎二郎 三重県第一区(顧問)
http://www.kawasaki-jiro.ne.jp/

あいさわ一郎 オフィシャルサイト 衆議院議員 岡山県第一区(代表世話人)
http://www.aisawa.net/
プロフィール http://www.aisawa.net/info/index03.html

中谷元ホームページ 衆議院議員 高知県第二区(代表世話人)
http://www.nakatanigen.com/
プロフィール http://www.nakatanigen.com/modules/data1/
10月5日 政策勉強会の立ち上げ
http://www.nakatanigen.com/modules/archive/details.php?bid=468
今回の総裁選を機に、当選以来20年以上所属していた宏池会(2009年の加藤の乱で小里グループ・谷垣派に分裂、2017年に再合流)を退会し、谷垣氏 を中心とした新しい勉強会を立ち上げ、逢沢一郎氏、棚瀬泰文氏とともに世話人代表に就任することになった。自民党にとっても上意下達による結束ではなく、 議員本人がそれぞれの意思に基づいて、自分の考えを持って筋を通して行動する必要があると思ったからである。(引用)

棚橋泰文 ただ今オフィシャルサイト工事中 衆議院議員 岐阜県第二区(代表世話人)

衆議院議員 山本公一 公式サイト 愛媛4区
http://www.netwave.or.jp/~kochan-y/
プロフィール http://www.netwave.or.jp/~kochan-y/profile.html

えんどう利明オフィシャルサイト 山形県1区

http://www.e-toshiaki.jp/
プロフィール http://www.e-toshiaki.jp/profile/profile.html
10月1日 自民党総裁選挙、安倍晋三さんが新総裁に。「時計の針は戻さない」
http://www.e-toshiaki.jp/aisatsu/aisatsu.html
激 しい総裁選を経た自民党は、結果的に力強い挙党一致の態勢を手に入れました。秋の臨時国会では、谷垣さんが政治生命をかけて約束させた「近いうち」を実現 するため、私は新執行部とともに心を鬼にする覚悟です。安倍さん流に言えば、それが「強い日本」を取り戻す最短路だと信じています。(引用)
9月15日 自民党総裁選挙
http://www.e-toshiaki.jp/aisatsu/back/120915.html
 9日午前、川崎二郎代議士から至急の連絡があり、部屋を訪れると谷垣総裁から出馬断念の連絡があっ たとの事。直ぐに党本部に駆けつけ、「谷垣再選の為に多くの同志が頑張っているのに、大将が突然の戦線離脱では同志の仲間が耐えられない。状況が厳しいの は我々も分かっているけど、推薦人も皆が頑張って確保出来たし、最後まで頑張って欲しい。もし、どうしても立候補を取り止めるにしても、告示前日まで再選 出来るよう最善の努力をし、その上での状況判断で良いのではないか」と直談判したのですが、総裁本人の意志が固く(引用)

衆議院議員 佐藤勉 栃木県4区
http://www.satoben.jp/
プロフィール http://www.satoben.jp/profile.html
10月1日 新体制
http://ameblo.jp/sato-tsutomu/archive1-201210.html
あれだけ白熱した総裁選直後でも自民党内には分裂や離党騒ぎはなく、むしろ新体制にむけ一丸となっています。ここは事あるごとに離党者が続出する民主党とは全く違う点です。(引用)

衆議院議員 徳田毅 情熱・挑戦・真っすぐに! 鹿児島2区

http://www.tokuda-takeshi.net/
プロフィール http://www.tokuda-takeshi.net/modules/tinyd1/

小里やすひろ 鹿児島4区

http://yasuhiro.ozato.info/
小里泰弘のブログ
http://blog.livedoor.jp/o_yasuhiro/
9月10日 谷垣総裁が断念、残念無念
http://blog.livedoor.jp/o_yasuhiro/archives/1643841.html
9月26日 安倍新総理誕生
http://blog.livedoor.jp/o_yasuhiro/archives/1649551.html
10月3日「谷垣勉強会」が発足
http://blog.livedoor.jp/o_yasuhiro/archives/1651994.html
「谷垣勉強会」が発足しました。総勢15名、これから毎週水曜日に会を開催します。
不思議なグループです。上から押さえつけることなく、言わず語らず、みんなが互いに強い絆と使命感で結ばれています。(引用)

衆議院議員 近藤三津枝 公式サイト 大阪府衆議院比例

http://www.mitsue-kondo.jp/
プロフィール http://www.mitsue-kondo.jp/profile/

あべ俊子と政策を考えるページ 衆議院中国比例選出
プロフィール http://abetoshiko.com/abetoshiko/profile.html
ブログ http://abetoshiko.com/activity/abeblog/
9月18日 告示後の総裁選
野党になり大変厳しかったこの3年間、谷垣総裁は様々な批判を受けながらも党の再起にご尽力されました。そのような思いから、谷垣総裁の推薦人となりましたが、総裁はこのたびの出馬を断念されました。
 私は今後の自民党の在り方がこれからの日本を左右すると信じています。そのため、党内のパワーバランスこそが重要と考え、熟慮の末、町村信孝議員を支持 する決意をいたしました。(引用)

松下新平 宮崎県選出参議院議員
http://www.shinnpei.com/
プロフィール http://www.shinnpei.com/new_frame.php?page=profile
政治方針 基本方針「疾風(しっぷう)に勁草(けいそう)を知る」
http://www.shinnpei.com/new_frame.php?page=seiji


(新たに追加!)
衆議院議員 いまむら雅弘 佐賀県2区
http://www.imamura-masahiro.com/
プロフィール http://www.imamura-masahiro.com/profile.html

(新たに追加!)
ニュース動画アップしてたので、チェックしてたら。今までチェックしてた議員さん以外を発見!

衆議院議員 三ツ矢 憲生(みつやのりお)三重県第5区
http://www.mitsuya-norio.com/index.html
衆議院議員三ツ矢憲生OFFICIAL BLOG 〜未来への責任〜
http://mitsuya-norio.sblo.jp/
古賀派の議員さんなのですが、
宏池会、岸田派に=自民 - WSJ日本版 - jp.WSJ.com http://on.wsj.com/QSndRq
(古賀派)総会で、谷垣氏に近い三ツ矢憲生衆院議員は派閥分裂の総括を要求。岸田氏は「怨念を乗り越えて新しい時代を考えなければいけない」と語った。 (引用)


posted by ぶるー at 15:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 谷垣グループ【有隣会】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

「谷垣総裁、この3年間有難うございました。」動画から学ぶ。谷垣自民の3年間の歩みについて

谷垣総裁、この3年間有難うございました。応援動画の文章を抜粋し、谷垣自民の歩みをかいつまんで紹介いたいます。よかったら、動画と合わせて御覧になってください。



社会保障と税の一体改革 三党合意
三党合意の中には「景気弾力条項」が入っており、景気が上向かぬ限り、すぐに消費税が上がらぬ仕組みです。それは、民主マニフェストを打破するものでもあります。
【6.28 カフェスタ1周年】 スペシャル対談 麻生太郎 × 三橋貴明 【デフレ、消費税、etc.】
http://bit.ly/N8iAzN


2012年 自民党大会での政権奪還へと力強い挨拶でした。
谷垣禎一(さだかず)公式サイト 谷垣語録よりPDF
http://tanigaki-s.net/analects/index_r2.php(谷垣語録)
2011年1月23日 自由民主党大会挨拶
http://tanigaki-s.net/analects/pdf/jimin/20110123.pdf(PDF)


3年間、野党ではありましたが、各国要人との会談も多く
2012年1月、総裁の初海外出張先はインドネシア・ベトナム。TPPの情報交換もありましたが、何よりも東シナ海での中国の海洋侵略への訪問国との連携などの話し合いも持たれ、これから政権を奪還後の方針になるだろうと期待をさせる海外出張でした。
【守れ!】谷垣総裁 ベトナムとインドネシアを訪問 【日本の生命線】 (記事追加あり)
http://himawari-gumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-0b0c.html



この3年の野党国会運営の難しいなか、自民党は議員立法と法案を数多く提出、成立させていきました。
特に震災対応では、577の提言と関連法案、復興庁設置法案など、ほとんどを自民党がリードしてきました。
しかし、野党なので直接行政執行できないもどかしさも付きまといました。
自民党公式サイト 政策トピックス バンクナンバー
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/2012/09/index.html
自民党震災復興の取り組み
http://www.jimin.jp/reconstruction/index.html


国会代表質問では、谷垣総裁自ら先頭に立ち、民主政権の問題点を突きつけました。
党首討論、予算質疑では、続く議員への論点を整理した質問や、するどく相手の言質を取るものも多くそれらの質疑が、民主党の2つの内閣を倒す原動力にもなっていきました。
日テレニュース 普天間移設 鳩山首相「腹案用意している」2010年3月31日
http://www.news24.jp/articles/2010/03/31/04156434.html
谷垣総裁が党首討論にて「腹案」という言葉を引き出し、のちに内閣総辞職に追い込む。


この3年間の野党運営のなかで、いつも谷垣総裁が、真っ直ぐと国民のことを、いちばんに考えているのが伝わってきました。


全国、ふるさと対話集会は400回を越えました。自民党にとって地方が原点です。
マイクのいらない集会「ふるさと対話」シーズン2 424回
http://www.ldplab.jp/ldplab/furusato/index.html


マスコミには政局政局といわれながらも、実直に震災や災害にあわれた地域を丹念に歩きました。大きな安心を頂きました。その笑顔に勇気づけられた方も多かったろうと思います。
2011年3月11日〜27日 谷垣総裁 東日本大震災被災地訪問まとめ
http://togetter.com/li/384292
2012年3月2日〜4日 谷垣禎一自民党総裁・被災地視察
http://togetter.com/li/267624
2012年4月6日〜9日 谷垣禎一自民党総裁、福島・茨城・沖縄・宮城視察
http://togetter.com/li/284554
2012年5月9日 谷垣総裁、茨城県つくば市・栃木県真岡市、竜巻被災地視察レポートまとめ
http://togetter.com/li/301149
2012年7月〜 自民党「九州地方豪雨災害対策本部」を7月6日設置。時系列での動き。
http://togetter.com/li/337231
ほかに、宮崎での口蹄疫(2009)南紀の大雨などもすぐに視察にされおり、早い段階で官邸に提言や、国会には自民党で法案を提出されています。


靖国参拝も8月15日、春秋の例大祭と欠かさず行かれ、英霊の慰霊に務める姿も忘れません。
谷垣総裁談話―終戦記念日にあたって―本当によい談話なのでぜひ一読を
http://www.jimin.jp/activity/discourse/118131.html


J-NSC自民党ネットサポーターズクラブ会員にもいつも優しくして頂き、有難うございました。
(谷垣禎一最高顧問 麻生太郎最高顧問 お二人が最高顧問です)
J-NSC公式サイト http://www.j-nsc.jp/
2010年6月9日 J-NSC設立総会 谷垣禎一最高顧問にみんなで聞こうZE!!(2010.6.9)youtube動
http://www.youtube.com/watch?v=8DP83iFSdKo
2010年11月19日『J−NSC公式オフ会 大阪』参加者レポート
http://amba.to/PS7YEZ
2012年3月3日 宮城JNSC公式オフ会レポート
http://bluesketch.seesaa.net/category/12952171-1.html


ネット発信も積極的に、後押しされました。
カフェスタ#cafesta 自民党1F喫茶スタジオより、月〜金まで放送中
http://www.youtube.com/user/LDPchannel


はやぶさの帰還から、科学分野のフロンティア精神を積極的に熱く語ったことも忘れることはできません。
谷垣総裁&逢沢総裁特別補佐 カフェスタ はやぶさの帰還編
http://bluesketch.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%CD%82%E2%82%D4%82%B3&vs=http%3A%2F%2Fbluesketch.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis


毎週木曜日の定例会見では、マスコミからの防波堤となり自民党を守ったこの3年でした。会見に、大手報道メディアだけではなく、フリーランスの記者にも開放されたことは、新しい自民党への大きな一歩でした。
ニコニコ動画 自民党ちゃんねるタグ 谷垣禎一
http://ch.nicovideo.jp/search_video/%E8%B0%B7%E5%9E%A3%E7%A6%8E%E4%B8%80?mode=t&page=1&sort=f&order=d&channel_id=ch90
ガッキー☆定例会見(ガイド)
http://bluesketch.seesaa.net/category/12958386-1.html


自民党は、この3年で結党の使命であった憲法自主改正へ続く、「日本国憲法改正草案」を上程するまでになりました。大きな意味を持つ野党での3年だったと思います。
自民党公式サイト 「憲法改正草案」を発表
http://www.jimin.jp/activity/colum/116667.html


自民党、解党の危機を乗り越え、演説で語られる、真っ当な政治をとの思いは、いつも力強く伝わってきました。この3年、街頭演説を数多くこなし、街頭演説後の総裁の笑顔は、握手を待つ皆さん誰もを笑顔にさせるものでした。
2012年6月16日 自民党青年局 全国一斉街頭行動 谷垣総裁 スカイツリー(旧業平橋)駅前
http://togetter.com/li/321573
2012年9月5日 谷垣総裁 吉祥寺駅前
http://togetter.com/li/368242


風評被害を吹き飛ばせ!福島の桃を食べ「うまい!」と、おっしゃって、とても美味しそうでした。
風評被害を吹き飛ばせ!福島桃「いまが旬 みらいのもも」JA伊達みらい、JA全農福島の取り組みについて。
http://bluesketch.seesaa.net/article/284153123.html


地方も積極的に行かれました。
平成22年度 佐賀政経セミナー
http://www.saga-jimin.com/seminar20100509/


9月10日、総裁選出馬断念の一報は、応援してきた者にとって受け入れがたいものでした。


けれど、谷垣総裁は総裁選期間中に関わらず、中国デモ尖閣問題のため、全国遊説中の総裁候補を党本部に呼び戻し、政調部会全体会議にて問題解決に務めました。最後まで、総裁職を真っ当する姿に、この方が総裁であったことにとても感謝の気持ちでいっぱいになりました。
9月18日【尖閣諸島をめぐる中国の反日デモなど】の問題で、谷垣総裁が候補者を政調部会全体会議に招集命令。19日の政府へ決議書申し入れなどのまとめ。
http://togetter.com/li/375708


9月26日 総裁選投票日 安倍新総裁と決まり、バトンは渡りました。前総裁としての力強い挨拶。日本を真っ当に思う心。そして笑顔で、私は「影の男」になります。万感の思いと笑顔に、割れんばかり拍手は長く続きました。
総裁選後、自民党が一致団結して政権奪還がいちばんの願いと、私たちは心に留めようと思います。それが、谷垣前総裁の願いですから。
総裁選がおわりました。『影の男宣言!シャドウガッキー来たるw』谷垣前総裁としての最後の挨拶は力強くチャーミングで勇気と希望をもらいました!
http://bluesketch.seesaa.net/article/294461668.html


総裁室に届けた応援メッセージファイル
#谷垣総理祈願 谷垣総裁への応援企画について
http://bluesketch.seesaa.net/article/289619727.html


9月12日に皆様の応援メッセージは無事に総裁室へ届きました。谷垣さんは、照れくさそうに、本当に嬉しそうな顔で感激なさっていたそうです。
約170通もの沢山のメッセージを本当に有難うございました。(@bluesketch01 ぶるー)
#谷垣総理祈願 御礼ページ開設
http://bluesketch.seesaa.net/article/295125584.html

----------------------------(ここまで)
この3年間からするとまだまだ書きたりないのですが、動画のガイドとなれば幸いです。

谷垣自民党は、最初は、衆議院選挙政権交代の大敗により打ちひしがれたなかでの始まりでしたが(党内の突き上げ、マスコミ世論と厳しいなかでの総裁スタートでした)2010年4月末の口蹄疫問題、2010年参議院選挙勝利によってようやく前向きに進むようになりました。
解散を求めながら、日本を守るために大切な法案を通す、そして法案を作る。
野党自民党のこの3年間は、日本をどうにかして守ろうとした3年間だと思っています。
自民党の方々にこそ、忘れないでほしい。そして、皆さんに知ってほしいと願っています。

ラベル:谷垣禎一
posted by ぶるー at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 谷垣自民、3年の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

#谷垣総理祈願 応援メッセージ企画にご参加有難うございました。御礼ページ開設(御礼動画もありw) & 企画「谷垣禎一さんへねぎらいのお手紙を書こう!町村信孝さん(10月17日お誕生日)も忘れずにw」

ouen02.jpg

ouen01.jpg


皆さん応援メッセージ企画にご参加、本当にありがとうございました。

ツイッターで時々、逢沢一郎(谷垣総裁特別補佐)さんとDMで遣り取りすることがあるんですが、今回ほかの友人より、「谷垣総裁が驚愕と感動された」と逢沢さんから教えてもらったと聞き、逢沢さんにお話をうかがいました。『彼のことですから、ちょっと照れくさそうに笑っていましたが、本当に嬉しそうでした』と教えて頂きました。普段から皆さんに優しい逢沢さんにも感謝。谷垣総裁を支えて頂きありがとうございました。

党本部の方には応援ファイルが、党本部に届き次第、早めに総裁室へとお願いしてました。
ちょうど谷垣総裁は不在で、無事に届いた証拠として党本部の方から、こちらの写真を頂きました。
お手伝い頂いていた党本部の方にも感謝です。いつもありがとうございました。

2012-09-12 15.12.08.jpg


皆様から頂いた約170通のメッセージは、こういう形で仕上げました。
メッセージだけで50頁、本当に皆様の谷垣総裁への思いのつまったものでした。
ouen03.jpg

皆さんのメッセージを読むたびに泣きながら編纂していきました。
ouen04.jpg

ブログ等で企画を紹介頂きありがとうございました。
ouen05.jpg

ほかにガッキーFC撮影の谷垣総裁写真を数枚も送りました。撮影のお二人様ありがとうございました。

【谷垣総裁 この3年間有難うございました。】動画も作りましたので、皆さんもぜひ。




急遽企画、短縮となりましたが、約170通もののメッセージ。一晩で120近くのメッセージを本当にありがとうございました。谷垣総裁の出馬断念は、逢沢さんや支持議員たちと一緒で諦めきらないものでした。
けれど、総裁選のなかでも谷垣総裁が総裁職を真っ当する姿は私たちの苦しい心を少しずつ溶かし、総裁選投票、安倍新総理へのバトンと、前総理として語った挨拶は、私たちに希望を笑顔を、この人が総裁であってよかったと思わせるものでした。

谷垣総裁、本当にこの3年間ありがとうございました。

皆様の応援メッセージを9月12日に届けることができて、そして谷垣総裁の3年間が、私たちに根ざしていることを伝えることができてよかったです。声をあげること届けることができることを、この3年間で知ったことでした。

この企画にご参加ありがとうございました。

と!ここからは、企画「谷垣禎一さんへねぎらいのお手紙を書こう!町村信孝さんも忘れずにw」

谷垣禎一総裁のこの3年間、お疲れ様とありがとう、そして次の総理へそんな未来の感じる明るいお手紙を!谷垣さん中心の谷垣チームの勉強会も始まるそうですよ。麻生さんの為公会のようにビデオカメラ回して!動画アップ期待してます。などプッシュも!応援メッセージ企画参加者は、「応援メッセージ企画参加しました。◎◎です!」って猛アピールなさってください。照れくさそうにきっと喜ぶと思います。

町村信孝さんは、総裁選のさなか軽度のエコノミー症候群で入院され、総裁選は思う存分に戦えなかったのですが、町村陣営の皆さんの節度を持って一致団結する姿に、熾烈な総裁選のなかで清涼を感じました。
10月17日がお誕生日なので、町村さんへもぜひ。

お二人の議員会館住所はこちらw
企画「谷垣禎一さんへねぎらいのお手紙を書こう!町村信孝さん(10月17日お誕生日)も忘れずにw」
http://www.twitlonger.com/show/jgf2vk

今回、本当に皆さんに参加して頂けてよかったです。谷垣総裁が本当は人気があることも党本部、議員さんたちにも伝わったのではと。今度こそは、谷垣総裁のような思いをさせたくない。そんな自民になるよう、そういう世の中になるよう一人一人少しずつ頑張っていきましょう。

私の谷垣禎一応援はまだまだ続きます!スネークしてきますよw本当にありがとうございました。
posted by ぶるー at 17:10| Comment(10) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする