2013年02月27日

弁護士被災地派遣へ 石巻、東松島市の職員に(谷垣法務大臣が被災地法務行政について前から語られてたのが形になってきています)

PN2013022601001574.-.-.CI0003.jpg

(共同通信より。会見の様子)

弁護士被災地派遣へ 石巻、東松島市の職員に 日弁連・法テラス(河北新報)
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/02/20130227t73020.htm
 谷垣禎一法相は26日の記者会見で、東日本大震災の復興を支援するため、日本弁護士連合会と日本司法支援センター(法テラス)がそれぞれ弁護士1人を、石巻、東松島両市に職員として派遣することを明らかにした。(略) 被災した土地を自治体が買い上げる際に必要な法律手続きを助言したり、復興に向けた条例制定に携わったりする。 谷垣法相は「復興にはさまざまな法的な課題がある。法律の専門家が自治体の職員となり、継続的に関わることが必要だ」と述べた。
 被災地では、岩手県と宮城県が既に弁護士を職員として採用し、岩手県山田町と相馬市も弁護士の派遣を要請しており、日弁連の佐藤豊副会長は「今後もニーズに応じて協力していきたい」と話している。
--------------(引用ここまで)

法務大臣定例会見にて、被災地の法務についてできることをと語られてたのが形になってきました!
被災地復興が法務の面でも、復興加速されることと思います。ほんと、野党3年間の自民党、ずっと支えてきたお人ですよ。谷垣総裁は、法務も本当に地道にほんと下支えを有難うございます。
晴れ晴れとした場にとやはり願ってやみませぬが、国の根幹を本気で支える。大事な仕事を一つ一つ丁寧にされていることに、やはり尊敬してやまないです。

ちなみに、土地の権利はほんと大変で、相続人の不在などで権利の所在がわからないことも多いです。まして被災地。弁護士の県市町村職員さんが被災地の皆さんのたくさんの力へとなりますよう願っております。

続きを読む
posted by ぶるー at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 法務省・国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「司法行政は国の根幹」 谷垣法相講演 死刑制度語る  京都新聞(感想)

20130223212525tanagaki003.jpg

 谷垣禎一法相は23日、舞鶴市内で講演し、死刑制度について「罪は絶対に許すわけにはいかないが、多くの犯罪者には気の毒な境遇もある。できるだけ人生を理解して執行したい」と理解を求めた。(京都新聞 引用)
http://kyoto-np.co.jp/politics/article/20130223000104

 一つ一つに重さもあるだろうと、こういう真摯に向き合うことができる人はきっと稀です。
2月21日の法務大臣臨時会見では、『誠に身勝手な理由から被害者の尊い人命を奪った極めて残忍な事案であり,それぞれの被害者や御遺族等の方々にとって,無念この上ない事件であると思います。そして
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho08_00397.html

被害者、被害者ご家族に立った視点で語られて、被害者の人権・死者にこそ尊厳と人権をとずっと思っていた者にとっても、こういう言葉をほしかったと思っておりました。
けれど、それでも、死刑囚は人生のどこかで、暖かい手があったのなら暖かい大人がいたのなら、もしかしてこういう事件を起こさなかったのではなかろうか。そんな思いもあり、京都舞鶴での講演にて、「罪は絶対に許すわけにはいかないが、多くの犯罪者には気の毒な境遇もある。できるだけ人生を理解して執行したい」と語られたことに、私自身、とてもホッとしました。

個人的には、犯罪者の子供の頃の生育、親子関係などを考えると、教育の重要性も大きいと思います。『法務』と『教育』のデータ交換や相互交流が必要だと考えています。


続きを読む
posted by ぶるー at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 法務省・国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

谷垣法務大臣情報wURL集(自転車情報もw)

ここ最近、少々時間がとれなく、さくっと小幅更新で申しわけありませぬ。

京都府議会議員 わたなべ邦子ブログ
(府議さんのお仕事ぶりも伝わるブログです!)
2013-02-05 自民党府議団 政務調査会で 東京へ
http://d.hatena.ne.jp/watanabekuniko/20130205#p1
京都府議会議員団の方々と東京へ各省庁へ予算要望にいらしてたときの様子です。写真も多いのでチェック。
予算要望内容も細かく、なるほどこういう感じで地方の要望が上がっていくか、が分りますので、ぜひぜひ。
http://f.hatena.ne.jp/watanabekuniko/20130206100052
谷垣法務大臣執務室ですが、ちょっw胡蝶蘭の鉢の数がハンパないw
伊吹文明衆議院議長にも会われています。その後の京都懇談会での京都選出の新人議員、田中英之さん、安藤ひろしさん、宮崎けんすけさんの写真もあり。
地方と国の連携してく一旦が詳しく垣間見れます。(京都の皆さん連帯感強そうですw)

広報ざおうお知らせ 宮城県蔵王町
2月1日からエントリーを開始しました!今年は5月19日(日)開催
雪の回廊が続く蔵王エコーライン・ハイラインを舞台とする山登りの自転車ロードレース「日本の蔵王ヒルクライム・エコ2013」を今年は5月19日(日)に開催します。
 この大会は、町と財団法人日本サイクリング協会(谷垣禎一会長)との共催で、平成22年5月の初開催以来3回目になります。(平成23年度は震災により中止)
http://www.town.zao.miyagi.jp/koho/1302/kouhouzao580_osirase.htm
http://www.zao-machi.com/2963
 「ヒルクライム」とは山登りの自転車レースのこと。
ぶほっw 谷垣さんの趣味の登山と自転車が一緒になってるし、自転車で峠のロードも走るそうなので、なんだかぴったりのロードレースだなと思い和みました。
まだ5月なので蔵王の山々に雪がまだまだ残っています。途中は雪の壁と自転車写真に驚きますよ。
【大会前日の18日(土)には、昨年大盛況だった「みやぎ味まつりin蔵王」も開催予定です。】

閣僚平均は1億円超 野田前政権から倍増 安倍内閣が資産公開
47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/47topics/e/238381.php
合わせて、谷垣法務大臣会見 平成25年2月15日(金)
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho08_00395.html
資産公開に関する質疑について
(途中引用抜粋)
記者
 今回の傾向として,安倍内閣の閣僚の平均資産については,貸付金と借入金を除いた額で1億円を超えていますが,この前の民主党の野田内閣のときは4千万円ほどで,比較すると2倍以上になっています。また,今回の内閣で父親が国会議員である閣僚が大臣を含めて9人いらっしゃいまして,この9人の平均資産は,今回の全閣僚の中でも若干高い傾向にあるのですが,こういった傾向についての大臣の受け止めをお聞かせください。
大臣
 私はどういう傾向かということは分かりません。それぞれの資産のあり方というのは,人によって違うであろうと思います。戦前まで遡りますと,特に保守政党ではそれぞれの地域の名望家のような方が,国会議員の選挙に出てこられた場合が比較的多かったと思います。そういう方々の多くは,それぞれの地域で,田地,田畑,山林というものを持っておられることが多かったと思います。今でも,三世,四世といわれる方々にはそういう歴史を背負っている方もいらっしゃると思います。その代わり「井戸塀」という言葉もできたわけです。選挙のときに,自分の田地,田畑,山林を売って選挙資金にして,挙句の果てに残ったのは,井戸と塀だけであったというような方もあったということです。要するに自己責任でやれということです。今は,政党助成金の制度等ができたわけですが,そういう資産家ではない人がどうやって政界に進出できるかというのが,今の課題になっています。言ってみれば,田地,田畑を持っておられるブルジョアが選挙に出るのではなくて,サラリーマン家庭である者が,選挙にどうやったら出られるか。やや古い言葉ではプロレタリアートも選挙に出られるかどうかということです。私の場合は,確かに二世議員ではございますが,父は稼ぎ人,つまり役人でございまして,サラリーで生活していました。有産者という家庭で育ったわけではありません。有産者の家庭で育ったわけではありませんが,親子二代,割と堅実に暮らしてきたということは言えると思っています。御質問の趣旨に直接答えたことになるかどうか分かりませんが,感想的な話でございます。
【記者】
 差し支えなければ,貸付金の貸付先というのはどういったところでしょうか。
【大臣】
 大分前になりますが,初めて総裁選に出たときに借入をしまして,そのとき政治団体に貸し付けたということです。
------------------------------(引用ここまで)
日経新聞のほうでも会見を抜粋されてコメントは書かれてましたが、詳しい概要はこちらになってます。
昔はほんと、地元名士が政治家にというのが多かったですが、谷垣法務大臣の会見では、志のあるものが選挙に出られる環境にへと、そんな願いも感じられます。
谷垣さんの資産形成は、新聞を拝見して堅実だと感じられました。抜粋には入れませんでしたが、資産公開についての考え方や意義なども話されてますので、よかったらURLをご確認ください。

ほかに、ハーグ条約に関する質疑について(DVに対する懸念と対応する制度をつくっていかなければならないこと)警察庁の道路交通法改正の試案に関する質疑について(閣僚としてではなく一自転車愛好家としてですが、とても詳細に話されてます。実際は、谷垣法務大臣がおっしゃるように国家公安委員長の所管。)

と、URL集はここまで。
posted by ぶるー at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 法務省・国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

谷垣さん情報まとめ☆玉手箱

法務省 谷垣法務大臣定例会見
http://www.moj.go.jp/kisyakaiken_h25.html

谷垣禎一(さだかず)公式サイト 谷垣日記 2月13日 更新
http://tanigaki-s.net/diary/index.php
「政権の中で仕事する緊張感」日記は、会見での冒頭挨拶が多いのですが、今回は違うようにも思う。ぜひ皆さんも。アルジェリア人質事件、北朝鮮の核実験、尖閣についても書かれています。

有隣会 勉強会&会合(2/6) 遠藤利明議員(@山形)FBより
本日「有隣会」の勉強会と例会がありました。勉強会には安倍総理が重要課題のひとつとしている「教育再生実行会議」の委員である貝ノ瀬滋(かいのせしげる)さんを講師に招き、昨今の「いじめ問題」について意見交換をしました。また例会では補正予算や尖閣諸島問題等について情報交換を行いました。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.476688109061333.114074.403106526419492&type=1
写真も載ってますよ!若手の方は誰だろう?遠藤利明さんは自民党本部教育再生本部長でもあり。

経験と信念で培った理念。全市コミュニティスクールに向けて
三鷹市教育長  貝ノ瀬 滋さん

http://www.kknews.co.jp/kenko/interview/050521_1a.html
2005年の紹介記事ですが、経歴や人となりが伝わってきます。
特定非営利活動法人 夢育支援ネットワーク 文部省
気がつけば、育てるつもりが育てられ。地域も保護者も思いは同じ!
団体の設立経緯 貝ノ瀬滋氏が提唱した「夢育の学び舎」構想にある。
http://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/npo/npo-vol1/1316154.htm

有隣会での講師人選、へー。

ちょっとレアな情報もw
サイクリングに誘われた。http://patapata2cv.blog118.fc2.com/blog-entry-101.html
Frank Patterson ペン線画がとても暖かい。

ここ最近の自転車ネクタイ情報w
舞妓ウィリー(京都)
http://maiko.shop-pro.jp/

バレンタインカードはささやかなカードに敬愛を込めてを送りました。
皆様はいかがだったでしょうか。
posted by ぶるー at 17:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 谷垣グループ【有隣会】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【平成21年の税制附則104条(自民党与党時代)】 【平成22年 財政健全化責任法案提出(自民党)】 【平成24年 社会保障と税の一体改革関連法案、三党合意へ続く】

2013年2月7日民主党の岸本周平議員の質疑に対しての、谷垣法務大臣の返答。
岸本氏は、谷垣財務大臣時代の部下だったそうです。

(谷垣法務大臣)財政責任、その任にあらざるば、事を論せずというのは、わたくしのモットーでございますが、若干過去に関与してきたこともございますので、その限りでお伝えしたいと思います。
 自民党の中で財政規律を守らなければならないという議論は長いいろいろな議論がございまして、最近の議論は「平成21年の税制附則104条」というのもその議論でございました。今、お触れ頂ました。税と社会保障の一体改革、わたくしどもが三党合意という形で賛成したものもそのような気持ちが最後にございます。そして、今、お触れ頂いた、財政健全化責任法というものをわたくしが総裁のときに議員立法として出しまして、何度も経緯がありましたが、実は提出者はそこにおられる林芳正農水大臣が提出者でございます。

 これは、あの10年かけて政策経費はそのときに頂く税収でまかなえる姿に持っていこうと、つまりプライマリーバランスを確保しようということを中核として、いろいろ書いたものでございますが、わたくしはやっぱりこういう気持ちをしっかり前に進めていくのは必要であると思っております。そして安倍政権におきましても、経済財政諮問会議でどのような手法で財政規律を計っていくか、議論をしていこうということになっておりますので、わたくしは期待しているものでございます。

(岸本周平議員:民主党 谷垣財務大臣時代の部下)財政規律をもっとも大切にしている政治家(谷垣氏に対して)
----------------------------------(書き起しここまで)

改めて、平成21年の改正所得税法附則104条について。

麻生太郎オフィシャルウェブサイト 2011年11月10日
改正所得税法附則104条について、ものずごくわかりやすく書いています!
麻生内閣のときに成立したものです。
http://www.aso-taro.jp/diary/2011/11/20111110_1320902387.html

税制抜本改革の道筋及び基本的方向性 : 財務省 平成21年度
所得税法等の一部を改正する法律(平成21年法律第13号)(抄)
附 則 (税制の抜本的な改革に係る措置)
第104条
 政府は、基礎年金の国庫負担割合の2分の1への引上げのための財源措置並びに年金、医療及び介護の社会保障給付並びに少子化に対処するための施策に要する費用の見通しを踏まえつつ、平成20年度を含む3年以内の景気回復に向けた集中的な取組により経済状況を好転させることを前提として、遅滞なく、かつ、段階的に消費税を含む税制の抜本的な改革を行うため、平成23年度までに必要な法制上の措置を講ずるものとする。この場合において、当該改革は、2010年代(平成22年から平成31年までの期間をいう。)の半ばまでに持続可能な財政構造を確立することを旨とするものとする。
http://www.mof.go.jp/tax_policy/publication/brochure/zeisei09/10/index.htm

林芳正SC財務大臣に聞く 本格的な保守政権つくり危機克服 | コラム |自由民主党
――――今後、わが国が取るべき財政運営の方向性は。
 わが党は財政健全化責任法案を国会に提出しています。新しい施策には、それに見合う財源を確保する「ペイ・アズ・ユー・ゴー」の原則をこの法案に明記しました。まず、同法案に基づき財政運営を行うというのが基本です。(2010年)
http://www.jimin.jp/activity/colum/112091.html

財政健全化責任法案提出を受けて 谷垣禎一総裁記者会見 | 自由民主党 平成22年10月26日(火)
【谷垣総裁冒頭発言】今日、財政健全化責任法を提出いたしました。財政健全化責任法と言いますとやや舌を噛みそうな長い名前ですので、「バラマキ阻止法案」とでも言っていただければわかりやすいのではないかと思います。それで、この法案を出す狙いでありますが、言うまでもなく、財政再建なくして暮らしの安心なし、安心なければ成長なしということになりますので、社会保障と財政の安心確保がこの法案提出の目的でございます。(中略)この法案を出して政権に問うことは、まずひとつ申し上げるべきだと思います。それは少子高齢化社会における社会保障制度の改革、あるいは少子化対策のための安定財源を確保する税制抜本改革を行っていく。これはわが国の政治が抱えている喫緊の問題、一番大事な問題のひとつと申し上げて差支えないだろうと思いますが、これらの課題を解決して将来にむけた安心を確保することこそが、今後のわが国経済の持続的発展につながっていく。平成21年度税制改正付則第104条にこの税制改正のスケジュールが明記されているわけですが、このスケジュールに従って改革を断行していく気概が今の政権にあるのかどうか、この法案で一番問いたいのはその点でございます
【林芳正政調会長代理】
国や地方公共団体の責務という事を定めた上で当面の目標としましてフローでプライマリーバランス、基礎的財政収支というものを5年で半分に赤字を減らす。10年でこれを黒字化する。その事によって10年後以降の平成33年以降は債務残高対GDPを安定的に低下という事でやっていこうという目標を立てるという事であります。
そのために、政府にこのアクションプラン、アクションプログラム中期計画をつくってもらうことを義務付け、その5年のプランに整合性のある予算を作ってもらうということを義務付けるのに、この中期計画を国会に出してもらう。国会でこれを承認するという手続きを採ろうという事が大きな枠組みでございます。
http://www.jimin.jp/activity/press/president/099849.html

大島副総裁「民主党政治こそが"決められない政治"の元凶だ」 
社会保障と税の一体改革が審議入り
自由民主党 平成24年
http://www.jimin.jp/activity/news/116739.html

【平成21年の税制附則104条(麻生内閣)】
【平成22年 財政健全化責任法案提出(野党・自民党)】
【平成24年 社会保障と税の一体改革関連法案、三党合意へ続く】
こうやって並べて考えてみると、改めて野党ながら自民党はよくぞここまで法を意識しながら(守りながら)大きな仕事をしたのだ思いました。

平成25年1月 来年度税制改正大綱まとまる | 自由民主党
http://www.jimin.jp/activity/news/119759.html
posted by ぶるー at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

ガッキーFC企画☆バレンタインですよ!カードで応援しませんか。

皆様でもふもふと暖かい気持ちにさせましょうw
バレンタイン2月14日と、3月7日は谷垣さんの誕生日でもあります。片方でもいいし、両方でも送ってみませんか。カード&葉書&お手紙。暖かい思い届けませんか。もちろん手作りでも市販でもOK!

谷垣禎一法務大臣☆応援企画ですが、ほかに応援している議員さんがいたらお手紙や葉書で応援どうぞ(議員会館は現職議員は変更なし)政治家・政策データベース 他の議員に送りたい時に議員会館室番号も調べられます。(新人さんや再登板組は地元事務所など住所確認どうぞ。町村さんは1-410に変更になっています)
http://db.kosonippon.org/index.php

ガッキーFC企画☆バレンタインですよ!応援しませんか。
谷垣さんの議員会館住所はこちらに。
http://www.twitlonger.com/show/kvhp21
封筒の裏には、しっかり送り人の住所氏名を明記お願いします。
JNSCの方は、JNSCのあとに(地名)を明記推奨。
金属は入れないように(不審物)なま物は不可です。
「送ったよ」って方は、ツイッターやブログ「じみんといっしょっ」に、コメントなどでお知らせ頂ければ嬉しいです。

01df4c92973470ca244541b78570dbbb.jpg

こんな笑顔で読んでくれるかも。もうちょっとテレてかなw
posted by ぶるー at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

薬物犯罪更生について(再犯対策の一つとして)法務省 

法務大臣会見 平成25年1月25日(金)
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho08_00387.html
会見では、23、24日 都内の更生保護施設「両全会」 東京拘置所を視察されています。そのうち両全会では、多くの女性出所者(薬物使用歴)を受け入れています。
先日、来日中のパッチャラキティヤパー・タイ王国王女殿下と懇談がありましたが、タイ王国王女殿下は、検察官の仕事をされてきた方で、「国連アジア極東犯罪防止研修所,いわゆるアジ研において,女性被拘禁者の処遇についての御講演」されました。そのなかで、
谷垣法相 タイ王国のパッチャラキティヤパー王女殿下との懇談会に関する質疑について
【王女殿下は,女性の受刑者の処遇の質を上げたいと,大変熱心な方でいらっしゃいます。また,タイでは,女性の薬物犯罪が非常に多い。これをどうしていくかに関しても,特に力を入れておられます。こういう志を持って,王室のメンバーであられる王女殿下が非常に力強い活動をしておられることに,心から敬意を表したいと思います。(引用)】
都内視察は、パチャラキティヤオアー・タイ国王女殿下との懇談にリンクします。
谷垣法相 臨時会見 平成25年1月27日(日)
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho08_00388.html
平成25年度予算政府案に関する質疑についての臨時記者会見ですが、そのなかでも、薬物関係の厚生施設指定予算についても記者質問にて谷垣法相が答えています。

再犯対策の一環となっていくことに期待しております。

おまけww☆
地元福知山・芦田均総理を語ったときの谷垣法務大臣の笑顔画像w(@Tanibi_S さんキャプ感謝!) 
https://twitter.com/Tanibi_S/status/296979561059586048/
https://twitter.com/Tanibi_S/status/296978817984102401/
houmutani.jpg

posted by ぶるー at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 法務省・国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする