2013年08月31日

ワインと文化社ブログより 谷垣法務大臣 フランス『ジャルダン・ド・コカーニュ』 を視察  関わる皆さんの本気度も伝わってきます。

ルーマニア・フランス 法務大臣としての海外出張ですが、ランスでの様子はこちらを。

ワインと文化社
フランスを中心に食・教育・社会・文化芸術などルポルタージュ・インタビュー取材、文筆業ほか。
http://vinetculture.com/index.html

代表は、南谷佳子氏(在仏ジャーナリスト)サイトをじっくり読んでいますが、食が人をつなげる。発展していく。フランスの食へのこだわり、文化への愛も感じられて、とても素敵です。食べることが好きな人はぜひ、サイトもどうぞ。日本とフランスの架け橋に。

ワインと文化社ブログ 谷垣法務大臣 『ジャルダン・ド・コカーニュ』 を視察http://vinetculture.com/blog/2013/08/25/
社会的弱者の就労支援を目的としたフランスのソーシャル・ファーム『ジャルダン・ド・コカーニュ』に谷垣法務大臣をはじめ法務省・矯正局・更生保護局のミッションが8月24日、日本から視察に訪れた。1991年に設立されたこのNPOは、現在フランス国内に120カ所、約4000人の就労者たちが農作業によって自立を目指している。そんなジャルダンを5年前から日本に紹介している私は、今年2月に東京の「日本財団」の招聘でジャルダンの創始者であり会長のジャンギィ・ヘンケル氏と来日して講演会を行った。今回の大臣一行の視察も、その結果のひとつだと認識している。
---------------------(引用ここまで、続きはブログをどうぞ)

日本財団 笹川陽平ブログ「再犯防止プロジェクト」その2 ―農業による再チャレンジ―
2013年2月26日 農と更生保護ネットワーク」シンポジウム」講演
http://blog.canpan.info/sasakawa/archive/3984
日本財団は、社会の中で光の当たらない影の部分に焦点をあて、そこにある社会課題を解決すべく活動しています。
この再犯防止についても重要な社会課題と捉え、財団として過去3年間、有識者会議や刑務所見学などを実施しながら解決方法の検討を重ねた結果、2つの具体的な対処策を講じることに決めました。(抜粋)

ワインと文化社ブログ 『ジャルダン・ド・コカーニュ』の主宰者、ジャンギィ・ヘンケルさん初来日2013年3月より。
http://vinetculture.com/blog/2013/03/02/
70年代の石油ショックによって”農民は絶対に失業しない”と言われ続けてきた農業大国フランスでも大勢の農民が路頭に迷い、あちこちにはまるで虫に食われたかのような耕作放棄地が広がっていった。それを見たヘンケルさんは農民の持つノウハウを駆使し休耕田を再利用して失業者就業のために何かできないものだろうかと思案した。こうして誕生したのがジャルダンだった。畑で採れたビオ野菜は毎週一回、定期購入する近隣の住民たちに届けられる。住民たちも野菜を購入することでジャルダンをサポートし弱者支援を行っている。
-----------------(引用抜粋)

2013年6月5日の、谷垣法務大臣 熊本県「車座ふるさとトーク」
「ファームきくち視察」山口県「美祢社会復帰促進センター視察」
http://bluesketch.seesaa.net/article/366729741.html
農業によって、土に親しみ、そこで作物ができてくるということに達成感を得ることもあるでしょう。さらに、そのような達成感を得ることによって前歴がある方の中には人とのコミュニケーションがうまく取れるようになって、いろいろな道が開けてくるなど、農業による更生支援の可能性はいろいろあると思います。
------------------(谷垣日記より抜粋)

農業の持つ力、土の力、新しい農業の役割も生まれてくるのかもと感じました。

関わる皆さんの本気度も伝わってきます。

posted by ぶるー at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

福知山の花火大会屋台爆発:事故現場で谷垣法相が献花 /京都  (+追加)谷垣日記

福知山の花火大会屋台爆発:事故現場で谷垣法相が献花 /京都 http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20130828ddlk26040357000c.html
毎日新聞 2013年08月28日 地方版

 福知山市の花火大会会場での屋台爆発事故で、地元選出の谷垣禎一法相が27日、由良川河川敷の事故現場を訪れて献花し、亡くなった3人の冥福を祈った。

 谷垣法相は事故現場で花火大会実行委員会のメンバーから爆発事故の経緯などの説明を受けた。谷垣法相は「夏の福知山の一番のイベント。こんな事になるなんて残念としか言いようがない。(被害者に)お見舞いを申し上げる。こういうことが二度と起きないよう、きちっと検証し、露天商への(防火対策の)周知徹底など再発防止策をやらなければならない」と話した。

 今月15日夜に発生した爆発事故では3人が死亡し57人が負傷した。【村田拓也】

-------------------------------(引用ここまで)

福知山露店爆発から1週間 市民ら現場に献花
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20130822000076

病院でトリアージ 評価 福知山露店爆発 現場混乱で責任者機転
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20130827000135

コメントに情報有難うございました。
楽しい時間だったろうにと思うと、心痛みます。

-------------------(+追加)
谷垣禎一(さだかず)公式サイト 谷垣日記
2013年08月27日 「福知山の花火大会の事故について」

http://tanigaki-s.net/diary/index.php
被害者へのご冥福と、福知山がホームタウンということ、この祭りは町おこしや夏のメインイベントであること。事故へついての徹底究明など語られています。
 
posted by ぶるー at 07:50| Comment(2) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

本日、8月27日 京都ですよ。京都の方、チェック。 

西田昌司『おくだ敏晴決起大会のお知らせ(9月1日告示の城陽市長選挙)』
http://amba.to/14oqX3S
■決起大会のご案内■ 弁士:法務大臣 谷垣禎一
城陽市周辺の方はぜひ。


城陽市長選挙にて京都府議 奥田敏晴氏を推薦決定!
https://www.kyoto-jimin.jp/news/%E5%9F%8E%E9%99%BD%E5%B8%82%E9%95%B7%E9%81%B8%E6%8C%99%E3%81%AB%E3%81%A6%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%9C%E8%AD%B0-%E5%A5%A5%E7%94%B0%E6%95%8F%E6%99%B4%E6%B0%8F%E3%82%92%E6%8E%A8%E8%96%A6%E6%B1%BA%E5%AE%9A/
posted by ぶるー at 08:28| Comment(2) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

谷垣日記 更新になっています。「ルーマニア、フランス出張にあたり(1)(2)」

谷垣禎一(さだかず)公式サイトより。
http://tanigaki-s.net/diary/index.php
「ルーマニア、フランス出張にあたり(1)(2)」 更新されています。
あっ!うっかり。
谷垣法務大臣は、日本ルーマニア議員友好連盟会長でもあります。
2月26日の、ティトゥス・ルーマニア外相公式訪問のときに、個別で会談もされているのか。
そのときの写真はこちら。↓↓↓

在日ルーマニア大使館 公式サイトより。
ルーマニアのティトゥス・コルラツェアン外相の日本公式訪問
ルーマニアのティトゥス・コルラツェアン大臣は、日本の岸田文雄外務大臣の招聘により2013年2月26日に日本を公式訪問した。ティトゥス・コルラツェアン外務大臣は、法務大臣であり日本ルーマニア議員友好連盟の会長である谷垣禎一氏、同連盟の他のメンバー、衆議院で外務委員長の職にある河井克行氏、そして日本ルーマニア経済委員会会長である岩城範彦氏とも会談した。
http://tokyo.mae.ro/jp/gallery/992

(ルーマニアでも2月の会談でも)両方とも、そっと自転車ネクタイに和むw
フランスでは『日本で言えば最高裁判所長官に当たられる破棄院院長、また司法大臣等々と会談する予定』ほかに『社会的に不利な立場にある人々のための受け皿となっているソーシャルファームを視察』するそうです。

------------(谷垣日記 抜粋)
度々触れていることですが、刑務所等々の施設から出た人が再犯をすることなく社会復帰を果たしていくためには居場所が必要です。居場所の一つとして仕事が必要です。ソーシャルファームで過ごした人全てが農業に従事することになっていくかどうか分かりませんが、農業に従事する経験を通じて社会復帰をしていくということは、率直に言えば、常に社会復帰が百パーセント成功して欲しいと私も思いますが、関係者の方々には数知れない苦心があるのだと思います。菊池市の農園の場合もそうでしたが、フランスの場合も土に親しむというか、農作業をやり、食糧生産に携わるということはいろんな意味で、表現が適切かどうか分かりませんが、精神の安定や、自分の帰属感、あるいは社会に対する自分が果たす場所があるんだというような経験をしていく上で相当な効果があるのではないかということを資料からも読み取ることができます。是非、再犯防止に向けてそのような方向を更に押し進められればという期待があります。
-------------(抜粋ここまで)

やはり、私は谷垣法務大臣のこの視点が好きです。

posted by ぶるー at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

ルーマニアでの写真!多数。

ルーマニア外務省会談写真です。http://www.mae.ro/node/21242

谷垣さんの笑顔w いつもの法務大臣お付きの女性官僚さんも!
ティトゥス外務大臣もがっちりした感じで、谷垣法務大臣も負けてません。(欲目でしょうかw)

岸田外務大臣が2月に日本で外務大臣との会談あり、その会談から深まった内容にもなっています。
(前の記事もご確認ください)政府の皆さんで仕事をしているのが伝わります。
こういうレスポンスが早いようにも思う。ここが自民党の良さなのかも。

posted by ぶるー at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

「日本・ルーマニア法務省間の協力に関する共同声明」への署名について

ルーマニアと組織犯罪情報交換、共同声明に署名 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130820-OYT1T00772.htm?from=tw

法務省は20日、ルーマニアを訪問中の谷垣法相と同国のカザンチウク法相が、組織犯罪対策などの情報交換を進める共同声明に署名したと発表した。
声明は19日付で、両国間で司法制度や犯罪情勢に関する情報を共有するとともに、組織犯罪や汚職、マネーロンダリング(資金洗浄)対策の現状や課題に関する情報を交換するなど、法務行政に関する協力を進めていくとしている。(2013年8月20日17時53分 読売新聞)

【法務省公式】
報道発表資料
平成25年8月20日
「日本・ルーマニア法務省間の協力に関する共同声明」への署名について
 谷垣法務大臣は,平成25年8月16日(金)から25日(日)までの日程で,ルーマニア及びフランス共和国を訪問しているところ,ルーマニア訪問中の同月19日(月),ロベルト・マリウス・カザンチウク同国法務大臣と会談を行い,我が国法務省とルーマニア法務省との友好・親善関係を確認するとともに,今後の協力関係の強化などを内容とする共同声明に署名しました。
 同共同声明の概要は,別添のとおりです。
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho06_00220.html
日本・ルーマニア法務省間の協力に関する共同声明(仮訳)
PDF資料 http://www.moj.go.jp/content/000113746.pdf
posted by ぶるー at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

谷垣法務大臣 ルーマニア(法務大臣・外務大臣との会談)ルーマニア新聞記事より。

日・ルーマニア外相会談及び夕食会 平成25年2月26日
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/25/2/0226_04.html
岸田文雄外務大臣は,外務省賓客として来日中のティトゥス・コルラツェアン・ルーマニア外務大臣(Mr. Titus Corlatean, Minister of Foreign Affairs of Romania)と,外相会談及び夕食会を行いました。会談及び夕食会におけるやりとりの概要は以下のとおりです。
なお,会談終了後,両外相は,共同声明への署名を行いました。(引用)

r/News
http://rnews.ro/2013/08/19/titus-corlatean-s-a-intalnit-cu-ministrul-justitiei-din-japonia-sadakazu-tanigaki/
(グーグル翻訳にて)

ティトゥス外務大臣は、二国間対話の持続的なペースを確認し、ブカレストで日本人のゲストを歓迎した。

この点で、彼はルーマニアと日本の宣言新たなパートナーシップを締結した際に、公式訪問は、2013年2月に東京にそれを作った調達。 経済のルーマニア大臣の日本訪問計画、環境、高等教育を連想させる、秋タイタス外務大臣の科学研究・技術開発は、私たちの国を訪問する日本の首相の招待を改めて表明した。 それはまた、ルーマニアを訪問する日本の総理大臣に招待状を上げた月の訪問時に日本人チーフ外交官を手渡した。

ルーマニア外交官は友情日本、ルーマニア、ルーマニア側の議員連盟の会長として、ルーマニアと日本の関係の発展における大臣日本の関与は、二つの室の社長を含め、議会の対話を激化の関心を下線と述べた。

ルーマニアの正式オープンは、経済的に日本文化と間人間と分野別の対話を強化するためにブカレスト政府当局を示した。 この点で、奨励、ルーマニアにおける日本の投資家の一貫した存在。 この文脈では、ルーマニア政府は、両当事者のために最善の技術的な解決策を識別する、アンリ・コアンダ空港へのプロジェクト地下鉄線への支援を強調しました。

一方で、観光のために日本へ旅行ルーマニア市民のための(2015年12月31日まで)別の3年間のビザ免除プログラムを拡張するため、東京の決定で日本政府に感謝した。 ルーマニア側はこれらの座標で永住ビザ無料制度のために、日本での入国と居住条件や日本人の違反の法的帰結に関する広報キャンペーンルーマニア市民を継続するコミットメントを改めて表明した。

ティトゥス外務大臣は、自由貿易協定とEUと日本の間で戦略的パートナーシップ協定のための交渉が正常に完了するためにルーマニアの支持を強調した。 彼はまた、国連安全保障理事会の常任理事国の座を得るために日本にルーマニアの支持を改めて表明した。

温かい歓迎とルーマニア側のために日本の高官のおかげで、両国間の友好関係を強調した。 この文脈では、ルーマニア当局はルーマニアの市場に日本企業のサポートを要求し、それぞれ重要な潜在的な分野別の協力、エネルギー、農業との二つの領域に注意を喚起した。 この機会に、ルーマニア慎太郎安倍に総理大臣の訪問を達成するために行動を起こす意欲を述べた二国間の政治的、日本側の持続的なペースに満足の意を表明した。
--------------------(引用ここまで)

岸田外務大臣とティトゥス・コルラツェアン・ルーマニア外務大臣との夕食会・会談の補完にもなっているようです。 
安倍総理のルーマニア訪問に向けて。

こちらは法務大臣の仕事として。↓↓↓

ルーマニア法務大臣は日本のカウンターパートと会った
2013年8月19日(月曜日) - 午後5時14分
http://www.gds.ro/Politica/2013-08-19/Ministrul+roman+al+justitie+s-a+intalnit+cu+omologul+japonez(グーグル翻訳)
法務大臣ロバート・マリウスは、法務省本日谷垣、日本の法務大臣が率いる日本代表団の訪問を受けた。
司法の分野における二国間関係の歴史の中で、相互に関心のある分野での協力を強化するには、2つの国の一般的な政策の一部である日本の首相による最初の訪問です。 議論議論のトピックは次のとおりだった:司法、刑務所の管理とルーマニアの保護観察制度の組織の組織化と改革。
ルーマニアにおける日本代表団の存在は、両国の司法省庁間の協力の共同宣言に署名2閣僚のための良い機会となりました。
訪問中、代表団は外務省で会うなり、プログラムは、2つの刑務所やコミュニティ活動のためのワークショップへの訪問が含まれます。
ルーマニアへの日本代表団の訪問はまた、フランス共和国が含まれていますヨーロッパのツアーの一環である。
-------------------(引用ここまで)
posted by ぶるー at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

谷垣法務大臣、海外出張など。

お盆明け。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

【法務省公式】子ども霞が関見学デー「法務省へ行ってみよう!」を開催しました。
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho06_00218.html
子供たちの谷垣法務大臣への質問の様子もどうぞ。

谷垣氏「一兵卒として」、周囲「存在感高めて」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130817-OYT1T00312.htm?from=tw
(ポスト安倍がらみの記事になっていますが、海外出張は、10日間の長い日程になっています。)
25日までの10日間の日程で、ルーマニアでは刑務所を視察し、フランスでは障害者や出所者を専門的に雇用する「ソーシャルファーム」を訪問、司法相らと再犯防止策などを巡り意見交換することにしている。

谷垣法務大臣、新たなる再犯防止策に期待しております。
ラベル:谷垣法務大臣
posted by ぶるー at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

有隣会新メンバー吉川ゆうみ議員・大沼みずほ議員(懇親会より)修正あり。どうぞご確認を。

※※※赤池まさあきさんと書きましたが、小田原きよしさんの間違いです。※※※
記事内容、変更してありますので、一度お読みになった方、ご確認願えれば幸いです。
できる限り記事内容に誤りがないように続けて頑張ります。関係各位、お読みになった方々へ申し訳ありません。

遠藤利明議員 FBフェイスブックより。
有隣会懇親会(2013.8.7) 
8月7日は、「谷垣法務大臣が初当選から30年を迎える日」初当選38歳。ふむふむ。
新しい仲間の吉川ゆうみ議員と大沼みずほ議員のご当選を祝う会だそうです。
写真たっぷりアップしているのでどうぞ! お二人の今後の活躍に期待。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.559846934078783.1073741957.403106526419492&type=1
吉川ゆうみ議員 三重県
http://www.yoshikawa-yuumi.jp/
大沼みずほ議員 山形県
https://mizuho-onuma.jp/

有隣会正規メンバーほか。昨年2012年衆議院選挙当選1回議員。

島田よしかず議員 三重県第2区
http://y-shimada.jp/index.html
大串まさき議員 兵庫県第6区
http://www.m-ogushi.com/
星野つよし議員 神奈川県第12区 
http://t-stars.com/
途中撮影されてるのも星野さんかもと思いました。

(+追加)
小田原きよし 東京21区 オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/odawarakiyoshi/
何度か画像と合わせて確認して、赤池さんかと(ここ数年の選考経緯から、親睦会参加不思議に思ってました)記事にしてしまったのですが、関係者様から、「小田原潔さん」とコメントを頂きました。
ご指摘有難うございました。感謝。
本当に、気を付けないといけません(ふう)関係各位に、ご迷惑おかけしないよう引き続き頑張ります。

有隣会では秋に研修会を開く予定だそうで、政策集団としての更なる皆様の活躍期待しております。

ブログ更新は、お盆開けてから、8月末を予定しています。

谷垣法務大臣予定として。大臣になって初の海外出張が8月16日にあります。時事ドットコム:谷垣法相、16日から仏・ルーマニア訪問
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201308/2013080800454&g=pol
谷垣禎一法相は8日午前の記者会見で、16日から10日間の日程でフランスとルーマニアを訪問すると発表した。両国の政府関係者と法務行政について意見交換するとしている。

法務省公式サイト 大臣会見などもどうぞ。
http://www.moj.go.jp/
グエン・ホア・ビン・ベトナム最高人民検察院長官による谷垣法務大臣表敬
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho06_00217.html
 
谷垣禎一(さだかず)公式サイト
谷垣日記・活動報告・プロフィールが更新になっています。ご確認を。
http://www.tanigaki-s.net/index.php

谷垣法務大臣応援街頭演説動画(IWJより)
演説終わった後の長回し握手シーンを楽しんでくださいw
野党三年間のご苦労は地方と共にの戦いだったのを感じさせます。
2013/07/18 【京都】京都選挙区 自民党 西田昌司候補 街頭演説 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/92831
013/07/18 【滋賀】滋賀選挙区 自民党 二之湯武史 街頭演説 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/94015

暑中見舞いを頂きました。皆様にも少しおすそ分けw
https://twitter.com/Abbey_shoot/status/365429928902148097/photo/1

お盆明けに、皆様また。では、いってきます。
posted by ぶるー at 09:11| Comment(2) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

海外出張中の古谷防災担当大臣のかわりに事務代理に谷垣法務大臣。西村副大臣視察後、安倍総理視察へ。「山口・島根豪雨災害」時系列まとめ。

谷垣法務大臣閣議後記者会見 平成25年7月26日(金)
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho08_00448.html
 今朝の閣議では,古屋大臣が海外出張されている間の国家公安委員長及び防災担当大臣の事務代理を私が命ぜられました。

谷垣法務大臣閣議後記者会見 平成25年7月30日(火)
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho08_00446.html
 現在,古屋大臣が海外出張中であり,私がその間の防災担当大臣として事務代理の指名を受けておりますので,その立場から申し上げます。
 山口県と島根県において,これまでに経験したことのないような大雨が降るなど,全国各地で河川の氾濫や土砂災害が多数発生しており,いまだ被害状況の全体を把握しきれておりませんが,昨晩までの情報では,全国で死者1名,行方不明者3名,負傷者12名,住家被害1,300棟以上等の大きな被害が生じているところです。亡くなられた方の御冥福をお祈りするとともに,被災された方々に対して心からお見舞い申し上げます。
 昨日,西村内閣府副大臣の出席の下に関係省庁災害対策会議を開催して,最新の情報を共有するとともに,早急な被害状況の把握に努めること,孤立状態の解消及び被害の拡大の防止に努めることなどを確認したところです。また,昨日から,西村内閣府副大臣を団長とする政府調査団を山口県・島根県に派遣いたしまして,被害状況及び現地の課題を調査しているところです。今日の閣僚懇では,関係省庁に対して,捜索・救出活動に全力で当たるとともに,被災者の方々に一日も早く安心した生活に戻っていただけるよう,一層の御尽力をお願いしたところです。
 今後とも,山口県と島根県だけではなくて,全国で大雨に対して厳重な警戒が必要です。引き続き,緊張感を持って,政府一体となって,被災地方公共団体と緊密に連携しながら,対応に万全を期してまいりたいと考えております。

FNNニュース
山口・島根記録的豪雨 行方不明者の捜索や復旧作業進む
平成25年7月30日
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00250839.html
記録的な豪雨となった山口県や島根県では、30日も行方不明者の捜索や復旧作業が進められている。
28日、24時間の雨量が観測史上最大となる、351mmを観測した山口・萩市の須佐地区では、30日も朝から、崩れ落ちた土砂などの復旧作業が進められている。
島根・津和野町では、ショベルカーにブルドーザーなど、自衛隊の重機が被災地に入った。
これから、道路整備の復旧作業が本格化するとみられる。
また、内閣府の西村防災担当副大臣を団長とする政府調査団は、30日朝、山口県庁を訪れた。
山本知事が、激甚災害指定を求めたのに対し、西村副大臣は「政府として、できることは全てやる」と答えた。また、島根・津和野町では、24歳の男性の行方がわからなくなっているほか、現在も孤立している集落があることから、午前8時ごろから、自衛隊や警察、消防による捜索と救助活動が進められている。
また、大田市の周辺では、午前6時から午前7時までの1時間に、およそ100mmの猛烈な雨が降ったとみられるとして、気象庁は、記録的短時間大雨情報を発表した。
この影響で、大田市内の国道が冠水したほか、床上・床下あわせて9軒の浸水被害が出ているという。

平成25年8月4日 山口・島根両県下視察 安倍総理大臣 【首相官邸ホームページ】
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201308/04yamaguchi_shimane.html
平成25年8月4日、安倍総理は、大雨による被災状況を視察するため、山口県及び島根県を訪問しました。
 島根県鹿足郡津和野町に到着した安倍総理は、まず、津和野町役場津和野庁舎で被災状況の説明を受け、島根県の小林淳一副知事から要望書を受け取りました。
 続いて、津和野町民センターの避難所を訪れ、避難している方々を激励しました。
 その後、鷲原地区の豪雨災害現場を視察しました。
 午後には、山口県山口市阿東徳佐下地区に移動し、豪雨災害現場を視察しました。
 その後、山口県庁を訪れ、豪雨による被災状況等について説明を受けました。

山口・島根豪雨、首相が被災地視察 激甚災害指定へ調整 - 朝日新聞デジタル (http://www.asahi.com) http://t.asahi.com/c05p

被災地に届け安心を!

ちなみに、GW期間中にも、谷垣法務大臣は防災担当大臣の臨時代理を命じられています。
2013年05月08日 「参議院選挙に全力」
http://tanigaki-s.net/diary/d1305.php
posted by ぶるー at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンセン病 多摩全生園・東村山市の取組み 【いのちを育み、癒す森。】

谷垣禎一(さだかず)公式サイトより 谷垣日記
2013年07月26日 「ハンセン病と人権侵害」
http://tanigaki-s.net/diary/d1307.php
国立療養所多磨全生園の納骨堂 お参り
国立ハンセン病資料館 (ハンセン病の回復者である平沢保治氏に館内を案内)
「ハンセン病に関する親と子のシンポジウム」(東村山市)参加挨拶
シンポジウムの様子はこちら(東村山市サイトより。写真ほか)↓↓↓
http://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/shisei/koho/pickup/pickup_hansen.html
谷垣禎一(さだかず)公式サイト 活動日記も7月末分まで更新。そちらにも。
http://tanigaki-s.net/report/index.php
---------------(谷垣日記より引用)
多くの方からお話を伺った中で、昔からハンセン病の原因については遺伝であるとか様々な説が唱えられていたわけですが、明治の初めになってハンセン病の原因が突き止められた。らい菌による伝染病であると分かったのですが、当時は恐ろしい伝染病と信じられていたので、以前よりも差別、今の言葉で言えば人権侵害ということになると思いますが、そのような度合いが非常に深まったということを聞いて、大変ショックを受け、なるほどそういうことか、と思いました。(ちなみに現在では、らい菌について非常に伝染力が弱いと解明されています)
----------------(引用ここまで)

法務大臣閣議後記者会見の概要 平成25年7月26日(金)
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho08_00448.html
歴史から学ぶハンセン病
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/01/h0131-5/histry.html

ハンセン病:理解する親と子のシンポ 東村山で開催 /東京 http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20130725ddlk13040263000c.html


ハンセン病の歴史伝えて 「人権の森構想」ポスターでPR
http://youtu.be/t6rr9nkOtOE
国立ハンセン病療養所・多磨全生園がある東村山市では、ハンセン病の歴史を未来に伝える活動の一環としてポスターが作られ、きょうお披露目されました。(中略)自治会では緑豊かな全生園を公園として残しハンセン病の歴史を未来に伝えていく「人権の森構想」を掲げていて、ポスターはこの取り組みを広く知ってもらうために作られたものです。
(TOKYO MX 全文はこちら)http://www.mxtv.co.jp/mxnews/news/201304186.html 
じんけんの森ポスター及びリーフレット(東村山市)
http://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/shisei/danjo/jinken/kikaku2013042114.html
いのちを育み、癒す森。 キャッチコピー。季節の写真と、ホッとするポスターです。

私自身はなぜかわかりませんが(どこから知ったのかが記憶が定かではない)子供ながらにハンセン病患者に対する偏見の理不尽さを感じていました。

美の国あきたホーム ハンセン病を知っていますか?
http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1333011737195/index.html
こちら、読みやすいのでどうぞ。

いろんな活動が、皆様の心を繋いでいくものへとなることを願っています。

(+追加)
【法務省公式】谷垣法務大臣が,東京都東村山市の国立ハンセン病療養所「多磨全生園」等を訪れました。

http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho06_00216.html 
多磨全生園納骨堂に献花されている写真も、国立療養所多磨全生園、国立ハンセン病資料館等、多数リンクあり。中学生パネリストさんたちと歓談されている様子にもなごみました。
「いのちとこころの人権の森宣言の碑」が園内にあるんですね。

よいフォトニュース記事に。皆さんもぜひ。

続きを読む
posted by ぶるー at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

デローザ!!ガッキーww谷垣禎一(さだかず)公式サイトプロフィール更新☆

さて、そろそろブログをと真面目なネタ仕込みしようかと思ってまいましたが!

なんと、谷垣禎一(さだかず)公式サイトにて、久方ぶりのプライベート更新ですww
http://tanigaki-s.net/private/index.php
7月31日、DEROSA SHOP向けの2014年モデル展示会に足を運ばれたそう!
ツイッターでも素敵なお姉さんとのツーショットも流れてました。お姉さんのとても喜ばれてた様子に和みました。ほんと短時間だったそうですが、谷垣さんの笑顔をみると楽しかった様子が伝わってきます。
自らネタをw有難うございます。
130731.jpg

(公式サイトに大きい写真がありますので!そちらで)

このワクワクニコニコぶりwww

DEROSA JAPAN FBフェイスブック(谷垣さんの笑顔写真あり!)
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=602498529794219&set=a.601732529870819.1073741829.584609164916489&type=1&theater


不世出のロードレーサー、エディ・メルクス

Who is Eddy?
超人エディが残した不滅の勝利の数々
〜現役通算525勝。ワンデイクラシックからグランツール、世界選手権、そしてアワーレコードまですべての自転車競技に勝ちつくし、不滅の金字塔を打ち立てたエディメルクスという人物〜
http://www.fukaya-sangyo.co.jp/eddymerckx/whoiseddy/
エディのこだわったロードレーサー
現役時代の終盤、エディのフレーム製作を一手に引き受けたウーゴ・デローザには、実に年間50本以上のフレーム製作を依頼しているほどだ。素材、重量、スケルトン(設計)など、ロードレーサーのあらゆることに一切妥協しない。怪物にして繊細な神経を持つのがエディ・メルクスだった。(引用ここまで)

自転車のこと全然知らないので検索で調べてみると、谷垣さんがエディ・メルクス氏とデローザに思いを寄せていることになるほどと感じました。1970年代、谷垣さん20代。若かりし頃に自転車乗りたちはワクワクしてたのだろうと。(+追加 1945同年生まれ)
  
KAMIHAGI CYCLE
イタリアのデローザ工房見学&sportfulグランフォンドの旅
http://www.kamihagi.com/2012derosa.html
感動!ウーゴ・デローザと初対面(引用)お会いできた喜びがとても伝わってきます。

お盆休みも近し、もしかしてサイクルヘルメットの下には、まさかの谷垣法務大臣かもしれませんぞ。全国の皆さんw

オールドサイクリスト!頑張っ。

(+追加)ブームの真相 2012度版
自転車レース史上最も偉大なエディ・メルクス その情熱を注いだ自転車を日本で普及させる
http://www.mrpartner.co.jp/boom2012/special_feature/01.html
メルクス氏は現役時代から機材にうるさい選手として有名であり、自転車へのこだわりが強く常に巻き尺を携帯していた。パーツの軽量化のために穴開け加工をしたり、軽量なフレームをコルナゴに作らせたり、チタニウム製のスペシャルパーツをカンパニョーロに作らせたりもしている。
 そんなメルクス氏は引退後、現役中に使用していたフレーム制作を依頼していたウーゴ・デローザに師事した後、自身の名を冠した工房「エディ・メルクス社」を、古い農家の建物でスタートさせた。(引用ここまで)
エディ・メルクス自身も、ウーゴ・デローザに師事って、デローザ工房で技術を磨いたってことですね!
調べてみて驚きました。自転車好きの皆さんが、デローザに魅力を感じるのもとても頷けます。
DE ROSA オフィシャルサイト(JAPAN)
http://www.derosa.jp/
ラベル:自転車
posted by ぶるー at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする