2014年02月27日

衆議院法務委員会 2月21日 谷垣法務大臣の民俗学者・柳田国男への言及抜粋

2014年2月21日 (金) 会議名 : 法務委員会 衆議院インターネット審議中継 より抜粋
高橋みほ議員への答弁にて。5:01:45すぎ
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=43554&media_type=fp

谷垣法務大臣)わたくし、ひとつ思い出したことがございまして、わたくしは1945年、昭和20年の生まれでございます。

前の戦争で日本が負けたわけですね。その敗戦のあと日本社会のなかでは、なぜ自分たちは負けたんだろうと、いうような深刻な反省がおきまして、社会科という学校の科目ができたのは、そういう反省の中からだというふうに伺っております。
それを一生懸命おやりになったのは、民俗学者、柳田国男先生でやっぱり主権者としての教育が足らなかったんだと、いう反省をされたようです。それで柳田国男先生自身が小学校の1年生から6年生までの社会科の教科書ですね。一生懸命、ちょっと古いことですから、間違いがあるかもしれませんがそういうふうにわたくしは、記憶しております。

それで法教育にはいろんな意義がございますが、そういう主権者としての教育といいますか、公民教育のなかでいろんなことがありますが、この法教育、そしてどうやったら自分たちの手で問題点を解決していけるか、紛争を解決していけるか、そうして安心して住める街を築いていけるかというようなことは、まさに主権者教育の一番、核となるのではないのかなぁというふうに思います。

ただ、ひとつ、わたくしそう言いながら自戒しておりますのは、わたくし閣僚なんかやりますとね。どの閣僚をやっても教育が大事だなと思うんですよね。たとえば、財務大臣やってたときは、租税教育は大事だと、こう思いまして、文科省にいきまして文部大臣に、ぜひ租税教育をしっかりやってくれと。だけどまっ苦しいときの教育頼みっちゅうんじゃ、やっぱりしかたがないなぁと思います。

今、京都の法教育推進プロジェクトというのをお触れ頂きました。これは確かに相当な成果をあげたものでございまして、わたくしの地元の公立高校でもこのプロジェクトに参加しております。それで、これは平成22年度から2年間行ったものでございますが、平成24年度からは岐阜において京都と同様のプロジェクトを今実施している最中でございます。この辺の成果を見ながらですね。これにとどめずに、実をあげるようにいろいろ取り組みを考えて参りたいと思っております。


高橋みほ議員)有難うございました。いまのあの社会科の授業がどういうふうに始まったかというのはとても勉強させて頂きました。それで私が今伺って凄くうれしかったというのは、主権者としての教育というものの大事さをふれて頂いたことが凄く嬉しかったです。(続く)

岐阜法教育推進プロジェクト どういうことをされているか詳しく日程と共に載ってます。
http://www.houkyouiku.jp/gif_pt2012/

そのほか、法務委員会 2013年11月8日『(谷垣法務大臣)例えば、柳田国男先生の家閑談とか婚姻の話を読みますと、要するに、民法に規定した婚姻のあり方と違う、もっと昔の日本の婚姻のあり方が、いろいろ記述してございます』との言及あり。
明治民法以降の日本の婚姻の一考にも。西田譲(ゆずる)議員に対する谷垣法務大臣答弁より。ほか、「裁判官の配偶者同行休業に関する法律」について。 http://bluesketch.seesaa.net/article/379766918.html

posted by ぶるー at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 法務委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

コソボ建国記念日 谷垣法務大臣のスピーチ 

コソボ建国記念日 谷垣法務大臣のスピーチ 2014年2月19日:
http://youtu.be/0M9AoVJLVQA @youtubeさんから
私はそのときに一つ思い出すことは、自分の国、自分の先輩たちがどれだけ苦労してきたかということを忘れては、やはりその国の民とは言えないと思いますが、そのときに同時に隣国からみたらその歴史がどうみえるかということにも思いを致す。こういう心のゆとりが必要なのではないかなぁと思います。

これはあのけしてバルカンの厳しい歴史だけをみてそう申し上げているわけではありません。私ども東アジアにおいても同じようなことがあるのではないかと、このようにおもっているところであります。(中略)

(コソボ)大使は、自分の国の歴史をしっかり踏まえながら、同時にほかの国からみたら、自分の国の歴史がどうみえるかという、気持ちのゆとりといいますか、もう少し別の言い方をすれば「愛の心」と申し上げていいかと思います。そういう気持ちを強く持った方でいらっしゃいます。(抜粋)

在コソボ日本国大使館 日本とコソボ
http://www.at.emb-japan.go.jp/kosovo/jp/40_bilateral/index.html
2008年2月、コソボはセルビアからの独立を宣言し、日本は同年3月18日にコソボを国家承認しました。セルビアは、コソボの独立は認めないとの立場は堅持しつつ、2011年3月以降、EUによる仲介によるコソボとの対話に臨んできました。2012年10月からはアシュトンEU外務・安全保障政策上級代表の仲介の下、関係正常化に向けた両国首相の会談が毎月実施され、2013年4月19日に両国間の関係正常化のため合意に至りました。(引用)

コソボ共和国 地図 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/kosovo/index.html

谷垣法務大臣のスピーチのなかでの「コソボワイン情報w」(さすがのワインがぶがぶ派w)
美味しいワインなのだそうです。
http://japankosovo.com/?cat=12
posted by ぶるー at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

谷垣法務大臣の誕生日、3月7日ですぞ!カードを送ってみませんか。

ガッキーFC企画☆

谷垣法務大臣の誕生日、3月7日が近付いて参りました。
皆様もカードと応援のお手紙でもどうぞ!
議員会館住所などこちら。
http://www.twitlonger.com/show/n_1s0lpe6
今国会では、たくさんの法務法案を出されます。
陣中見舞いもどうぞ。

houmutani.jpg

「送ったよ」って方は、ツイッターやブログ「じみんといっしょっ」に、コメントなどでお知らせ頂ければ嬉しいです。
posted by ぶるー at 08:24| Comment(3) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

週刊東洋経済 2014年2月22日号 谷垣法務大臣インタビュー

Interview
谷垣禎一/法務大臣
「介護や建設業の外国人活用は重要。だが、慎重にやる」
http://store.toyokeizai.net/magazine/toyo/20140217/

まだ、手に入れてないのですが、記事は1頁ほどだそうです。
購入できたら、内容等追加いたします。

posted by ぶるー at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

法務委員会もチェックですぞ。

国会が始まりました。
本日、2月7日からの委員会では、法務委員会もありますのでどうぞ。
(たしか所信のみかと思うのですが)訂正、新理事のみでした。
と、山下雄平議員が新理事となりました。
昨年末の法務委員会ではよい質疑をされていたので、これは嬉しいです。
自民党としても頑張ってほしいな。

参議院http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
本日はこちら。インターネット審議中継。

衆議院http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

posted by ぶるー at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

「超党派で再犯防止を進める議員連盟」が設立されました。ブログなど紹介まとめ。

こういう動きを超党派で進められるとのこと、正直嬉しいです。

衆議院議員 椎名つよし(比例南関東ブロ) @t_417_kawasaki
今日は、私が発起人の一人となった再犯防止超党派議連の設立総会でした。昨年夏に法務委員会のアメリカ視察中に法務委理事会メンバーで議連の立ち上げに合意をしました。理事会メンバーで準備をして参りましたが、ようやく立ち上がりました。... http://fb.me/2jP1VHzFi

再犯防止議連 #BLOGOS http://blogos.com/outline/79584/ 林宙紀
こちらく詳しく講演内容が書かれています。

杉さんの軌跡  http://d.hatena.ne.jp/sugiryoutaro/20140204
超党派で再犯防止を進める議員連盟 法務省特別矯正監の杉良太郎さんの講演の詳しい内容が写真と共に語られています。矯正施設に勤務する職員宿舎の写真は、本当に古いつくりの部屋で驚きました。

法務省・特別矯正監の杉良太郎さんと夕食を兼ねた打合せ。 山下たかし FB
https://www.facebook.com/takashi.yamashita.7/photos/a.1442292952649485.1073741827.1442253725986741/1456626437882803/?type=1&stream_ref=10

江田五月活動日誌 2014年2月 http://www.eda-jp.com/katudo/2014/02/04.html

河野 正美 - 活動記録 超党派で再犯防止を進める議員連盟
http://seiji.yahoo.co.jp/giin/ishin/002110/activity_etc/20140204.html

「超党派で再犯防止を進める議員連盟」設立総会 野間たけし 
http://noma.chesuto.jp/e1106863.html

田嶋要 かなめーる vol.224
http://www.k-tajima.net/index.php/archives/1486
ほか、随時追加していきます。
posted by ぶるー at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする