2014年03月27日

明治民法、草案理由など書き起こし。(法務委員会 参考人質疑より)

仁比聡平(日本共産党)
明治民法制定の過程を振り返りますと、民法草案に現法民法のような相続分の婚外子に対する差別規定は存在しなかった。そこにはどんな歴史的経過があるのか。その後、明治民法に婚外子差別規定が盛り込まれたのはなぜなのか?

(参考人 立命館大学法学部教授 法学博士 二宮周平)
民法草案理由1888年(明治21年)つくられています。
当時、日本が近代化してくために民法が必要であるということで、法定の編纂作業に入っております。明治6年以降からその作業が進んでおります。日本政府はボアソナード、当時パリ大学の法学部長であったボアソナード教授を招へいしまして、彼が講義をして、それを日本人の人が学びながら、自分たちで法案をつくって
まいりました。

そのときの草案理由では次のように述べられいます。

欧州各国が庶出子(婚外子)の相続権を正出子に見比べて、僅少にしたのは、父母の不行跡を戒ましむるの趣意に他ならざらぬるべし、しかし、我が新法では、これを取らない。何故なら、その父母に憎むとこありといえども、庶出子は、業の関わり知らずところなり。その父母を戒めんとほっして、その罰を罪なき庶出子のおぼよす理由かつてあらざるものとしこうせしを持ってない。

先ほど、自民党議員(山下雄平)が言ってたように、親の罪を子供にかぶせるというのは、ゆるされないと、こういう一種のヒューマニズムがあったかことかと思います。
これを元に1890年に作られました。旧民法と言われてますが、そこでは遺産相続については、子供の区別はありません。皆、同じ相続分になっております。

ところが、この旧民法に対しては、特に親族相続編について、日本の醇風美俗には反するのではないのか、そういう議論がありまして、『民法出でて忠孝滅ぶ』という有名な言い方がされます。その結果、この旧民法は施行延期になり、再度民法の作り直しがされました。で、出来上がったのが、1898年のいわゆる明治民法と言われるものです。

その明治民法をつくる課程では、二つの特色がありました。

1つは遺産相続というものです。
家督相続が基本にあるんですが、長男の推定家督相続人。
跡継ぎではない人でも、財産を稼ぐことがありますので、そういう人たちの相続、遺産相続について、明治民法では、婚外子は婚内子の2分の1という定めがなされます。提案者の穂積のぶしげは、次のように言っています。

『法律が婚姻というのを認めて、親族関係というものは婚姻が一番相当なる親族関係の元としました以上、嫡出子というものが、その父母のあとを財産を継ぐという点についても本則とみるのが当たり前でありますから、それ故に嫡出子と庶子との分量を違えたのであります。必ず半分でならなきゃならないのは、道義上の標準ではないのであります。』

穂積議員も、ここでいう妻から生まれたこともでないことではなくて、跡取りではない子を庶子と言っていた。今の嫡出子と嫡出子でないことは違うのですけれど

これが2分の一だったんで2分の一にしたことを言っている。ですから、婚姻の尊重ということは、穂積議員もおっしゃっておるんですけれど、しかし、家督相続の規定をみますと、どうなっているかというと。嫡出男子が第一順位の推定家督相続人。長男次男三男序列がつきます。次は、庶子の男子。婚姻外で生まれた子供。父親が認知、家の戸籍に入籍された子。三番目が嫡出の女子です。婚姻を尊重では、婚姻の女子の方が男子よりも優先しなければ、筋は通りません。でも、そういう立て方ではなりませんでした。
家制度を維持するためには、当時は男尊女卑でしたので、男系を優先すると、こういう理屈であったわけです。

したがって、婚外子の相続分差別は、当時は確かに婚姻の尊重という文言はでてきますけれども、それよりも、基本は家の維持にあったと、家の維持のために子供を利用してきた。というと言い過ぎかもしれませんが、わたくしにはそのように思えてなりません。歴史的経過は以上であります。


仁比議員)最高裁「子にはなんの責任はないではないか。」という考え方が、根本にはあったと、ところが婚姻の尊重ためというよりも、家督相続がより重要な目的として。旧民法の制定にいたったと。

(書き起こしここまで)
今、伝統的家族制度など言われていることとは、明治民法発足時の当時とは違うものであったのだと思います。当時の議員の方々もまた、ご苦労があったことも感じます。

書き起こしてはいたのですが、記事にするのをすっかり忘れておりました。(汗)

posted by ぶるー at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 法務委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

杉良太郎さんの受刑者の更正支援、法相が特別表彰

「杉良太郎さんが見た「塀の中」 慰問半世紀…刑務所の“いま”」:イザ!2013年6月19日
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/663348/
平成20年には法務省から民間人初の特別矯正監を委嘱された。誰よりも長く“塀の中”を見つめ続けてきた杉さんが、刑務所のあり方について提言を寄せた。(中略)
 近年やっと私の意見が反映され、刑務所の中で准介護福祉士の資格が取れるシステムができました。これによって受刑者が受刑者を介護することができる上、出所後は介護の仕事に就くことも可能になるのです。このように、受刑者の高齢化にも十分目を配っていかなければなりません。(抜粋)

↑↑↑ 抜粋しましたが、ほかのも読むべきものの多い提言です。この提言の内容は、今の法務が力を入れ始めているものばかりです。
再犯防止対策の超党派議連の初めての立ち上げでは、杉良太郎さんの講演でした。
東日本大震災のときは、炊き出しなど支援活動も多くなされています。ほか、
杉良太郎さん:ベトナムと大親友国に 支援続け25年 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/select/news/20140317k0000e040134000c.html
も。

今回、谷垣法務大臣より特別表彰となりました。

〈速報〉杉良太郎が芸能人初の法務大臣特別表彰 - エンタメ
- 朝日新聞デジタル&M - 朝日新聞デジタル&M
http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01403240034.html
 記者会見では初めて刑務所を訪問した時のことを振り返った。「15歳の時、ほとんどの受刑者が怖い顔をしていた。彼らが怖くて自分も足が震えた。でも、自分の歌を聴いて涙を流す。私を見て、自分の子どもや家族を思ったのか。自分も泣きました。そして心のこもった拍手を受けました。刑務所としゃばはまったく違う。泣くことと拍手することしか許されない人たちがいた。あれから55年。自分は生き証人のよう。これからも活動を続けていきます」などと話した。(引用)

杉良太郎、法相から特別表彰授与に笑顔/芸能/デイリースポーツ online
http://www.daily.co.jp/gossip/2014/03/25/0006806449.shtml

 杉は谷垣法相から「約55年にわたる貢献、素晴らしいですね」とねぎらわれ笑顔。その後の会見では「15歳の時に歌謡学校の先生に誘われて初めて慰問したのがきっかけ。このようなことがあるとは予測していなかった。使命感や目標を考えずにやって来た」と恐縮した。
 さらに「長年施設を見てきた自分は生き証人。意見を採り上げてもらっている」と話し、刑務所勤務の医師不足や女子刑務所の改善など、現状の問題点を指摘した。(抜粋引用)

法相、杉良太郎さんに特別表彰 受刑者支援の功績 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014032401002138.html
 法務省で記者会見した杉さんは、深刻な課題として刑務所の医師不足を挙げ「待遇を一般の医師並みに上げるべきだ」と指摘。高齢者の再犯率が高いことについて「(自分で)食べることもできない受刑者の面倒を出所後、誰が見るのか。他省庁と協力し考えなければいけない」と強調した。今後も同様の支援活動を続けるという。(抜粋引用)

法相、杉良太郎さんに特別表彰 受刑者支援の功績(共同通信) - エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20140324/Kyodo_BR_MN2014032401002170.html
法務省で記者会見した杉さんは、深刻な課題として刑務所の医師不足を挙げ「待遇を一般の医師並みに上げるべきだ」と指摘。高齢者の再犯率が高いことについて「(自分で)食べることもできない受刑者の面倒を出所後、誰が見るのか。他省庁と協力し考えなければいけない」と強調した。今後も同様の支援活動を続けるという。(抜粋引用)

杉良太郎:法相特別表彰 刑事施設慰問など活動http://mainichi.jp/sponichi/news/20140325spn00m200014000c.html
 谷垣禎一法相から表彰状を受け取った杉は、会見で刑事施設の医師不足などの問題に触れた。「刑務所は敷地が広い。農業などに活用すべき」などと訴え、刑務所の株式会社化などの持論を話した。

杉良太郎さんの受刑者の更正支援、法相が特別表彰 TBSニュース 動画あり。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2156748.html
杉良太郎さんに特別表彰 受刑者支援の功績 : 動画 - 47NEWS (よんななニュース) http://www.47news.jp/movie/general_national/post_10741/
谷垣法務大臣が表彰状を渡したあとにTBSニュース動画で手の動きがあれっと思ってたら、こちらは長回しであれっと思った谷垣法務大臣の手がふっと顏の前で合わせれて拍手されました。そのあとにほかの皆様も続けて拍手に和みました。

記事抜粋でまとめさせて頂きました。
15歳のときの慰問から55年。15の少年にどう感じたのか、その場に立った気持ちを追体験するようでした。法務省がアグレッシブに杉さんが出された提言を形にしていってます。そんな法務に期待しております。

posted by ぶるー at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

【BS日テレ 深層ニュース】 2014年03月18日22:00〜23:00  谷垣法務大臣

BS日テレ 深層ニュース
2014年03月18日放送 22:00〜23:00
http://www.bs4.jp/shinsou/onair/index.html
【テーマ】谷垣禎一法相が生出演 閣内から見る安倍政権【ゲスト】谷垣禎一法務大臣
※テーマとゲストは、変更になる場合があります。(引用)

予約録画時の番組案内には、再犯防止についての取り組みなども語られるようです。

谷垣法相に聞く 再犯防止への取り組みは : 特集 : 読売 http://www.yomiuri.co.jp/feature/shinso/20140318-OYT8T00178.htm?from=tw 
BS日テレ深層NEWS 番組案内。犯罪の6割が「再犯」の現実…社会の受け皿なく再び犯罪へ。深刻化する高齢者などの再犯防止に向けた取り組みは?

法務大臣になってからは、初めてじゃなかろうか。
久しぶりのニュース番組出演です。皆様もどうぞ。
posted by ぶるー at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

谷垣禎一(さだかず)公式サイト 更新多数。

平成25年度補正予算・平成26年度予算政府案地域活性化に資する分散型エネルギーおよび関連システム施策 | 自由民主党
https://www.jimin.jp/policy/policy_topics/energy/123780.html
施策多数。省エネや将来のエネルギーへと繋がるものかと。

谷垣日記  
「日本が目指す国家像」プロセスが大事! 
「憲法解釈の見直しについて」
http://www.tanigaki-s.net/index.php

おおらかな自負心。
「自分の出身のお国自慢だけではなくおおらかな自負心、つまり自分のところだけが正しく、他人のところは間違っているというようなことではない、そのようなおおらかな自負心を持てるような国」

「野郎自大にならずにおおらかな自負心を持つ国民がたくさん住んでいる。」

そんな日本に住む、一国民でありたいです。
posted by ぶるー at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする