2012年06月07日

日本国憲法改定草案 自由民主党 (2)サンフランシスコ講和条約〜憲法改正の意義

サンフランシスコ講和条約ですが、4月28日の吉祥寺駅前での谷垣総裁の街頭演説がとてもわかりやすい説明となっています。
----------------------
(4月28日が)何の日かよくご存知ですよね。今から、60年前、昭和27年4月28日、前の年の9月8日に吉田茂総理大臣がサンフランシスコで署名した講和条約が発効して、日本が連合国から軍事支配から独立の国として新しく生まれ直した。その記念日が今日なのです(谷垣
----------------------
サンフランシスコ講和条約により、日本は主権回復しました。4月28日が発効日です。


日本は、昭和20年8月15日に大東亜戦争(太平洋戦争・第二次世界大戦)が、終戦(敗戦)
GHQによって日本は占領統治されてます。統治されている昭和21年に日本国憲法が11月3日に公布され、翌年の昭和22年5月3日に施行されました。日本国憲法ですが「マッカーサー草案」を下敷きにしています。
昭和27年4月28日、サンフランシスコ講和条約に発効により、連合軍の占領統治から開放されました。これが独立の日というゆえんです。昭和21年公布された日本国憲法の効力が発揮されたのもここからだそうです。
----------------------
本来、日本国が主権を回復して一番先にやるべきことは、自分たちの力で憲法を作りなおすことだったと思います。実は、今の日本国憲法はアメリカのマッカーサーからいわば与えられた憲法。もちろんこの憲法、全部悪いことが書いてあるというわけではありません。しかし、主権を回復した時に、独立を回復した時に自分たちの力で憲法を作り直す。それが大切なことであることを否定する方はほとんどいらっしゃらないのではないかと思います。昭和27年に独立を回復して、その3年後、昭和30年に私たち自由民主党はできました。だから自由民主党が結党宣言の中に「自主憲法を作る」こう唱えたことは当然のことだったと思います。(谷垣
----------------------
このマッカーサー草案ですが、英語の草案が基礎になってます。演説が前後しますが、
----------------------
今の日本国憲法をお読みになると前文がございます。これは先程申しましたようにマッカーサーから示された草稿を基礎にしておりますから、日本語としてどうかなと思う表現がたくさんある。お読みになった方はすぐにお気づきだと思います。私たちはまずこの憲法前文を日本語らしい日本語で書こう。そして日本の歴史と伝統を踏まえた上で国際社会の中で貢献できるような日本を作ろう。このようなことを憲法の前文に書くことといたしました。(谷垣
----------------------
そうなんですよ。読んでみるとわかるのですが、意味がよくわからないのもあって……と、ここまで書いてみると、『軍足の足音』がって、怖がるようなことはないってのが、伝わってきましたでしょうか。
サンフランシスコ講和条約、敗戦から昭和27年の日本の主権を回復して60年の節目に、日本人らしい憲法改定を(自主憲法制定を)は、至極当然のように感じます。
日本国憲法改正草案 (現行憲法対)現憲法も合わせて載ってます。PDFへ
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/116666.html

サンフランシスコ講和条約の当時の様子
----------------------
その当時は東西冷戦、自由主義陣営と共産主義国家が激しく対峙する時代でした。冷戦といわれるわけだけれども、日本周辺は冷戦ではなかったわけです。その数年前から、朝鮮動乱が怒りました。北朝鮮軍はあっという間に38度線を越えて南下して釜山の近くまで攻め寄せた。その背後にいたのはソ連軍であり、義勇軍という名の下にある中国共産党軍でした。そのような厳しい状況の中で日本は講和条約を結んだんです。
その講和条約を全ての国と結ぶことはできなかった。西側陣営とだけ辛うじて講和条約を結ぶことができた。だからこの生い立ちも共産主義にシンパシーを感じる人たちと、私どものような自由を大切にしようという人たちの激しい政治的対立を生み、その対立の中でようやく日本は独立を回復することができた。その道筋をつけたのは私どもの先輩、吉田茂総理でありました。(谷垣
----------------------
吉田茂総理は、麻生太郎さんの祖父にあたります。
本当に大変な中で尽力されて、サンフランシスコ講和条約を結んだのだと。
自民党の結党時の立党宣言などに、共産主義勢力と戦いについて書かれています。
今も、その共産主義勢力との戦い(政権交代も)のなかに私たちもいるのだと演説テキストを読んで思いました。

憲法改正は、「針の穴にらくだを通す」ほど難しいものだそうです。しかし、現在の日本に合わせて、日本人の持つ過去未来現代への繋がる「絆」を、谷垣総裁の言う『私たちはまずこの憲法前文を日本語らしい日本語で書こう。そして日本の歴史と伝統を踏まえた上で国際社会の中で貢献できるような日本を作ろう』この気持ちを持った日本人のための新しい憲法制定を日本人の一人として見たいと思っています。

なーんも、怖いものでないよw憲法改正w

日本国憲法改定草案 自由民主党(3)に続きます。

主権回復60周年】谷垣禎一総裁 街頭演説(青年局)


Youtube動画
【主権回復60周年】谷垣禎一総裁 街頭演説(青年局)
http://www.youtube.com/watch?v=tc0qBeKI_SI
テキストPDFは、谷垣禎一(さだかず)公式サイトの谷垣語録にて
http://www.tanigaki-s.net/analects/index.php
立党宣言・綱領 昭和30年「党の使命」に自主憲法を作ることが書かれています。
http://www.jimin.jp/aboutus/declaration/index.html#sec01
日本国憲法(ウィキペディアより)
http://ja.wikipedia.org/wiki/日本国憲法
posted by ぶるー at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本国憲法改定草案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

日本国憲法改定草案 自由民主党 (1) 内容、言及、動画URL各種

ただ今、憲法改正法案草案、勉強中。お友達に、憲法改正ってコワイって言われて(軍靴の足音が)そういう皆さんが多いのかも、本当はそんなことないよーっと伝えたいと『日本国憲法改正草案』シリーズでアップしていきます。

自民党公式サイトより

谷垣禎一総裁が「憲法改正草案」を発表
http://www.jimin.jp/activity/press/president/116681.html
interview_144.jpg

「憲法改正草案」を発表(関連リンク多数)
http://www.jimin.jp/activity/colum/116667.html
日本国憲法改正草案 PDF
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/116666.html
今こそ自主憲法の制定を | コラム 保利耕輔
http://www.jimin.jp/activity/colum/110291.html
保利耕輔・憲法改正推進本部長インタビュー | コラム
http://www.jimin.jp/activity/colum/116040.html

Youtube動画
【主権回復60周年】谷垣禎一総裁 街頭演説(青年局)
http://www.youtube.com/watch?v=tc0qBeKI_SI
谷垣禎一総裁「憲法改正へ」12.4.28主権回復記念日国民集会E
http://www.youtube.com/watch?v=9vYNRMv_OJ8
テキストPDFは、谷垣禎一(さだかず)公式サイトの谷垣語録にて
http://www.tanigaki-s.net/analects/index.php
新憲法草案について・保利耕輔議員12.4.28主権回復記念日国民集会G
(党憲法改正推進本部(本部長・保利耕輔議員)
http://www.youtube.com/watch?v=j-FVbu0B3rU&
野田毅議員12.4.28主権回復記念日国民集会C
(4月28日を祝日には、野田議員発案)


主権回復記念国民集会には、ほかにもたくさんの方の動画がありますので皆さんどうぞ。

ブログ 英語教育を心配する前に さんより
素敵写真あり、渾身の書き起しあり、気合入ってますよ記事集です!
『憲法改正を国民に問う』 @【憲法改正草案を発表】谷垣禎一総裁(2012.4.27)
http://sakuranippon.blog130.fc2.com/blog-entry-696.html
『憲法改正を国民に問う』A 主権回復記念日国民集会のご紹介
http://sakuranippon.blog130.fc2.com/blog-entry-699.html
『憲法改正を国民に問う』B 自民党憲法改正草案5つのポイント
http://sakuranippon.blog130.fc2.com/blog-entry-701.html

(2)サンフランシスコ講和条約とは?  になっております。
明日よりぼちぼちアップしていきます。よろしくお願い致します。
posted by ぶるー at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本国憲法改定草案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする